家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

c

「欧露別館」トップ・ページへ   サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ

◆◆戦史 Magyar Történelem
<◆Hungary ハンガリー Magyarország
欧州FAQ目次


 【Link】

Crovinus Library(ハンガリー史,英語)

ハンガリーの偉い人(英語)


 【質問】
 ハンガリーの歴史を3行で教えてください.

 【回答】
 パンノニア人,ダキア人,ローマ帝国領,フン族,アヴァール人など様々な民族が領有した後,9世紀にマジャール人が侵入し,10世紀末にイシュトバーンI世がハンガリー王国を建国する.
 13世紀には蒙古襲来により大きな被害を受け,14~15世紀には中央ヨーロッパの強国となるも,15世紀後半~16世紀の戦いでオスマン帝国に敗れ,一方,王権はハプスブルク家が継承する.
 反ハプスブルク闘争を続けた結果,オーストリア=ハンガリー二重君主国という妥協が行われるが,第一次大戦に敗れ,戦後独立するも第二次大戦でも敗れて,冷戦終結までソ連の属国同然であった.

【ぐんじさんぎょう】,2016/04/17 20:00
を加筆改修


 【質問】
 西暦2000年はハンガリー建国1000周年?

 【回答】
 正確には,“ハンガリー建国”一千周年ではなく,“ハンガリー王国成立”一千周年ですね.

 西洋社会では「王」(rex) という称号は勝手に名乗れず,ローマ法王からその称号を授けられる必要があるわけです.
(だから,ヨーロッパには未だに君主国なのに王国ではなく大公国とか公国とかがあるわけですね.
 歴史的な日本語の用法に従えば,これらはすべて「王」となります).

 で,ハンガリー公国のイシュトヴァーン公(イシュトヴァーン,すなわちラテン名ステパノは霊名であり,本名はヴァイクと称した)が,めでたくローマ法王から王冠を授けられて,教会法上めでたく「王国」に格上げされたイシュトヴァーン公の戴冠式が行われたのが,(第一千年紀である)9世紀の紀元1000年12月25日の水曜日(長保2年11月21日)または(第二千年紀である)10世紀の紀元1001年1月1日の水曜日(長保2年11月28日)だったわけです.
(要するに1週間しか違わないのですが,世紀としては1世紀,千年紀としては1千年紀の差になるわけです (^^;)).
 だから正確には“王制一千周年”なのかな?

 で,日本の外務省なんかは1995年にハンガリーで“征服定住 (honfogalalás) 一千百年祭”を祝ったのを「ハンガリー建国一千百年祭」と訳してしまったものだから,2000年になってまたまた「ハンガリー建国一千年祭」となって(しかも百年も若くなってしまっている!)困ったわけです.
 実際にはハンガリー人は紀元895年以前からカルパチア盆地(領土が現在のように3分の1になる以前の歴史的ハンガリー)に侵入を始めていたらしく,最初のハンガリー人がカルパチア盆地に登場した年については諸説があり,ラースロー・ジュラなどという考古学者は,騎馬民族のフン族が建国したフンニア王国滅亡後,ハンガリー人の征服定住以前に,ここにアヴァリア王国を建国したやはり騎馬民族のアヴァル人も,ハンガリー人と同系のマジャル人であったのではないかという“二重征服定住説”を唱えています.

 とりあえず,紀元895年から1920年のトリアノン条約までのハンガリーの領土(カルパチア盆地全域)を“歴史的ハンガリー”と呼びます.

しい坊 : 世界史板,2001/09/27
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ハンガリー建国に関する面白い本はありますか?

 【回答】
 ハンガリー史という事なら
恒文社「ハンガリー史」
白水社文庫クセジュ「ハンガリー」
の2冊でしょうか.
 後者は価格的に入手しやすいと思います.

Cavabien : 世界史板,2001/09/01
青文字:加筆改修部分

 恒文社のコッシュ・カーロイ著「トランシルバニア」にも初期のハンガリーについての記載があります.
 国内ではあとは断片的な記述をあちこちから拾うしかないのでは.

 英文の書籍ならコルヴイナのサイトで読めます.
 スピリット・オブ・ハンガリーとかいう本が読み物的には面白いと知人から聞いたことがあります.

世界史板,2001/08/30
青文字:加筆改修部分

 ちなみにコーシュ・カーロイはハンガリーの博学者(本当は建築家)です.
 彼はトランシルヴァニアの中心都市,コロジュヴァール(クルジュナポカ)の出身で,トランシルヴァニア芸術家ギルド (Erdélyi Szépmíves Céh) の主宰者でもありました.
 また,トランシルヴァニアがルーマニア領に組み込まれてからは,トランシルヴァニアに居住する諸民族の融和を謳ったトランシルヴァニア主義を標榜しましたが,これは未だにダキア=ローマ史観に基づくルーマニアのルーマニア人至上主義に抵触するので,ルーマニアでは御法度の危険思想です.
(国民国家であるルーマニアにおいて少数民族もルーマニア人と平等であっては,ルーマニアが国民国家である意味がないという考え方からです.
 それが現在のルーマニア人民族主義者らの反EUの標語「我々は決してヨーロッパにはならない!」に繋がっているわけです.)

 彼はコロジュヴァールから東のトランシルヴァニアの入口の王ヶ峠(キラーイ・ハーゴー)に至るカロタセグ(ゾナ・カラテイ)地方を独立させて,「カロタセグ共和国」を樹立するという夢を抱いていました.

 建築家としての彼は,アールヌーヴォー様式とハンガリーの民家の様式を融合させた建物を多く建てております.
 特にカロタセグのケーレシュフェー(イズヴォル・クリシュルイ)村の木造教会は有名ですね.
 まだご存命中にコロジュヴァールの実家でお目に掛かったことがあります.

しい坊 : 世界史板,2001/09/30
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 マジャル人のカルパチア山脈越えについて教えてください.

 【回答】
 9世紀初めにはマジャル人 magyarok は,ドニエストル川とドニエプル川とに挟まれた,エテルケズと呼ばれる土地に住んでいた.
 このころ彼らは7つの部族から成っており,その連合体は宗教指導者(ケンデ)と軍事指導者(ジュラ)によって率いられていた.
 9世紀終わりごろ,彼らはエテルケズから移動して,カルパチア山脈を2~3箇所で越え,カルパチア盆地に入った.
 そのとき彼らを率いていたのがケンデのクルサーン Kurszán (???~904)とジュラのアールパード Árpád (850/855~907)だった.
 彼らははじめティサ川左岸のトランシルヴァニア地方に拠点を置いたが,後にブダ周辺に拠点を移し,ニェーク,メジェル,キュルト・ジャルマト,タリャーン,イェーネ,ケール,ケスィの7つの部族の内,そのうち有力な5部族がブダペシュトに定住した.

 そして,彼らがこの地を征服したとされている895年がハンガリー建国の年となっているが,実はあまり根拠のない数字らしい.
 というのもこれは,1880年代にハンガリー建国千年祭が準備される中で決定されたものだからだ.
 まあ,紀元節のようなものであろう.

 その7つの部族長の中に「タシュ」という名も見えるのだが,編者は浅学にして他の部族長の名前を全て調べ出すことはかなわなかった.

 【参考ページ】
南塚信吾『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社,2012), p.7-10
http://hexagon.inri.client.jp/floora4F_ha/a4fha402.html
http://www.szagami.com/topics/history.htm

【ぐんじさんぎょう】,2016/05/05 20:00
を加筆改修

 7人の族長名は諸説ありまして・・年代記によって書かれている名前が異なるのです.
https://en.wikipedia.org/wiki/Seven_chieftains_of_the_Magyars

 ブダペストの英雄広場の像はアノニムスのゲスタ・ウンガロルムに登場する7人が基本のようですが,アールモシュ(Álmos)が息子のアールパード(Árpád)になっています.
 他の6人は以下のとおり.
 フーバ(Huba).・ タシュ(Tas)・エロード(Elod)・コンド(Kond)・オンド(ond)・テーテーニ(Tétény)

ギシュクラ in mixi,2016年04月24日

▼ なお,アールパードにより率いられ,カルパチア盆地に征服定住したマジャル人たちは,7つの部族からの連合体だったと言われていますが,実際にはマジャル人以外の部族も含まれていたようです.

しい坊 : 世界史板,2001/11/03
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 パンノ二ア定住当時のマジャル人が,コーカソイドだったのかモンゴロイドだったのか,その中間ないし混血だったのかは,当時のマジャル人の骨格や(頭髪や骨から採取される)DNAで判らないのでしょうか?

【^▽^】足軽浪士ジョーカー@長屋 : 世界史板,2001/10/31
青文字:加筆改修部分

 【回答】
 DNA鑑定は今では多分やっているのでしょうねぇ.
 僕の留学していた時代には,専ら当時の墓から出てきた骨格の形質人類学的評価しかありませんでしたが....

 僕が習った範囲では(今は変わっている可能性もありますが)マジャル族の墳墓を調べた結果では,高貴な人々の骨はシノイド(sinoid) で,平民の骨格はエウロポイド (europoid) だったそうです.
 つまり,支配階級がモンゴロイド(それも漢民族に近い)で,住民の多数派は(すでに当時においてさえ)白人だったようです.

 ユーラシア大陸の人種分布を見ると,単純化して言えば,東に行けば行くほど黄色人種度が増し,西に行けば行くほど白人種度が増しています.
 この人種の遺伝子の大海は余りにも広大なために,民族移動があっても,マクロ的に見ると,その地域の人種の遺伝子に呑み込まれてしまっているようです.
 ですから,ウラルの辺りからハンガリー人の先祖が西方に移動を始めた時には,ハンガリーに入ってから初めて白人化したのではなく,その時その時に滞在していた地域の人種に同化しつつ移動していったと考えた方がいいかもしれませんね.
 マクロ的に民族移動のアニメを作ってイメージ化してみると,人種というハードはそのまま,その人種のハードの上を言語というソフトだけが滑って移動していると見たほうが,実態に合っているのではないかと考えています.

しい坊 : 世界史板,2001/10/31 & 11/03
青文字:加筆改修部分



 【質問】
 ありがとうございます.
 平民は先住のスラヴ人に限らず,マジャル人を含めてですよね?

【^▽^】足軽浪士ジョーカー@長屋 : 世界史板,2001/11/01
青文字:加筆改修部分

 【回答】
 ...と言うか,この墓の発掘の場合はマジャル人の墓のみのことだと思います.
 つまりマジャル人の平民 (?) の人種構成です.
 先住民族のスラブ人とマジャル人の場合は,集落とか副葬品等から区別できるはずですから.
(もっとも考古学も僕の専門ではありませんので,記憶違いという可能性もありえますが.)

 ハンガリー人の場合は最初から騎馬民族としてカルパチア盆地に侵入してきたということがわかっているために,民族史観としてもハンガリー人の先住性を主張する必要もなく(cf. ルーマニア人のダキア=ローマ史観),民族的利害が関っていないこともあり,ハンガリーの考古学は比較的客観的だと考えてもいいと思います.
 実力的にも敦煌発掘のシュテイン・アウレール(サー・オーレル・スタイン卿)やチベット潜入のセーケイ人,ケーレシュ=チョマ・シャーンドル(アレクサンダー・チョマ)等を輩出しているわけですから....

 なお,カルパチア盆地に征服定住したマジャル人の人口と,すでにカルパチア盆地に定住していたスラヴ人の人口に関しても諸説あります.
 僕の記憶では征服定住したハンガリー人の数は13万人~30万人程度だったようで,当時はカルパチア盆地には専ら(どこの国家にも所属しない)スラブ人(の農民と牧畜民)が居住していたものの,その人口は意外と少なかったのではないかと想像されております.
 何しろ後からやってきたマジャル人がスラヴ語化されずに,先住民たちがハンガリー語化されてしまったこともありますし....

 ちなみに,謎と言えば,19世紀末はまだペシュト・ブダの住民の圧倒的多数はドイツ人で,ドイツ語が母語だったのに,20世紀になるとドイツ語を母語とするブダペストの住民はほとんど消滅してしまっていたことです.
 ドイツ人の方が先進民族ですから,通常は彼らがハンガリー人に同化するとは考えにくいのですが,約半世紀程の極めて短い間に言語的にはドイツ語を母語とする住民は(ブダペストにおいては)全く消えてしまっています.

しい坊 : 世界史板,2001/11/02
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 アールパード朝って何?
 3行で教えて!
Mi Árpád-ház?
Kérem, mondja meg a három sorban.

 【回答】
 アールパード朝(トゥルル朝)は,ハンガリー王国の最初の王朝であり,ハンガリーを征服した部族連合の長の名前にちなむ.
Az Árpád-ház (Turul-dinasztia) az először dinasztia volt Magyar Királyságban, honfoglaló magyar törzsszövetség vezéréről elnevezett dinasztia.
 カールマン一世(1070-1116)の時代にはその勢力がアドリア海にまで達したが,その後,蒙古襲来や十字軍参加などにより王権は弱体化.
 1301年,アンドラーシュ3世死去により,アールパード朝は断絶した.

 【参考ページ】
http://www.europe-z.com/tabi/hu199605/h02.html
https://kotobank.jp/word/アールパード朝
http://graywolf.la.coocan.jp/Retu/States/state506.htm

アールパード朝家系図
(Wikipediaより)

【ぐんじさんぎょう】,2016/09/29 20:00
を加筆改修


 【質問】
 アールパードって誰?
 3行で教えて!
Ki az Árpád?
Kérem, mondja meg a három sorban.

 【回答】
 アールパード(845年?~907年7月?)は「征服」,すなわちカルパチア盆地にマジャル人が定住したときの,マジャル人部族連合の首長の息子.
Árpád (845? - 907. július?) A magyar törzsszövetség fejedelme volt a honfoglalás idején - melynek során a magyarok Etelközből a Kárpát-medencébe települtek.
 軍事指導者(ジュラ)として,カルパチア盆地からさらに進んで899年にイタリアに侵入し,パンノニア(トランス・ダニューブ)を支配下に置いて引き揚げ,902年には大モラヴィア国を崩壊させた.
 904年,共同統治者の名誉最高首長(ケンデ)クルサーン Kurszán がバイエルンの貴族たちによって暗殺されると,アールパードが大首長となり,907年にオーストリアを支配するオストマルク東方辺境伯領に侵入して,これを撃破したが,スイスで東フランク王国の軍勢に大敗して撤退し,その年のうちに死去した.

 【参考ページ】
南塚信吾『図説 ハンガリーの歴史』(河出書房新社,2012), p.9-10
https://kotobank.jp/word/アールパード
http://cerp.edu.mie-u.ac.jp/icerpold/tokuron/tokuron15kansei/C4/rekishi.html

https://www.youtube.com/watch?v=2zry5S5kFHY

【ぐんじさんぎょう】,2016/1/23 20:00
を加筆改修


 【質問】
 アールパード朝の歴代首長を教えられたし.

 【回答】

在位期間  首長 備考
896-907  アールパード Árpád   
907–946  ゾルタ―ン Zoltán  
946–972 タクショニ Taksony  
972-997 ゲーザ  Géza  
   (ここから国王)  
997-1038  イシュトヴァーン一世 I. István   
1038-1041  ペーテル Péter  
1041-1044 シャームエル Sámuel アバ家出自 
1044-1046 ペーテル Péter  復位
1046-1061  アンドラーシュ一世 I. András  
1061-1063 ベーラ一世 I. Béla  
1063-1074 シャラモン Salamon  
1074-1077 ゲーザ一世 I. Géza  
1077-1095 ラースロー一世 I. László  
1095-1114 カールマーン Kálmán  
1114-1131 イシュトヴァーン二世 II. István  
1131-1141 ベーラ二世 II. Béla  
1141-1161 ゲーザ二世 II. Géza  
1161-1172  イシュトヴァーン三世 III. István    在位期間 対立王  
1161-1162   ラースロー二世 II. László   
1162-1163  イシュトヴァーン四世 IV. István   
1973-1196 ベーラ三世 III. Béla  
1196-1204 イムレ Imre  
1204-1205 ラースロー三世 III. László  
1205-1235 アンドラーシュ二世 II. András  
1235-1270 ベーラ四世 IV. Béla  
1270-1272 イシュトヴァーン五世 V. István  
1272-1290 ラースロー四世 IV. László   
1290-1301 アンドラーシュ三世 III. András   

 【参考ページ】
矢田俊隆編『東欧史』(山川出版社,1977)

2017.1.3

 ご承知のこととは思うのですが,イシュトヴァーン1世以前は西欧社会に承認されたハンガリー王ではなく,マジャール人の族長扱いでした.
 恒文社のハンガリー史では「大首長」と表記,そのほかでは大公と表記している例もあります.

 マジャールの首長の位は最高位が「ケンデkende」で,パンノニア平原に定住した時点ではクルサーンが,それに次ぐのが「ジュラgyula」のアールパードでした.
 904年にクルサーンがバイエルン公にだまし討ちにされると,アールパードが「ケンデ」になったようです.
 あと,「ホルカhorka」という位もあり,上記のハンガリー史ではジュラおよびホルカはケンデに次ぐものと書かれており,ジュラとどちらが上位なのか判然としません.

 大公と書かれているのは,首長を意味するフェイエデレムFejedelemの英訳がプリンスだからのようです.

 あと,ゾルターン(ジョルトZsolt)とタクショーニ(タクショニュの間にファリチィFalicsiという人物がいたようです.
https://hu.wikipedia.org/wiki/Falicsi_magyar_fejedelem
 英文ウィキの参考文献のエンゲル・パルの本は持っているので,確認してみます.

ギシュクラ mixi,2017年01月04日


 【質問】
 910-930頃にマジャール軍は,アルザス・ロレーヌ・スイス・イタリア・南フランス等に度々侵入し,略奪をほしいままにして引揚げ,西欧の人々を恐怖のどん底に陥れていたそうです.
 イシュトバーン1世に始まるアールパード朝は,なぜゲーザ朝ではないのでしょうか?
 イシュトバーン1世の父は,あの神聖ローマ皇帝オットー1世に西欧侵略の終結を約束したゲーザ公ですよね?

HN "カウニッツ"

 【回答】
 ゲーザ公の祖先が,マジャール人をパノニア平原へ導いた族長アールパードなのです.
 イシュトヴァーン1世(洗礼前はヴァイク)の父はゲーザ公ですね.
 イシュトヴァーン1世の血統は,彼の在世中,嫡男イムレが狩猟中に手負いの猪に襲われて落命するという悲劇に見舞われたことで途絶えているのです.
 2代目の国王ペーテル・オルセオロはイシュトヴァーン1世の娘とヴェネツィア大公の間の子供でした.
 3代目のアバ・シャムーエルは一族の人間ですが,在来宗教を奉じて反乱を起こした人間ですし,4代目以降はイシュトバーン1世の従兄弟で反乱を企てたとして目を潰された上,溶けた鉛を耳から流し込んで処刑されたヴァーソイの息子の血統です.
 キエフに亡命していた彼ら3人兄弟が,ドイツ皇帝の力に頼ろうとするペーテル王,反逆者アバ・シャムーエルの両方を打倒したのです.

(ギシュクラ・ヤーノシュ ◆5i6wQS3C8w in 世界史板)


 【質問】
 コッパーニュの乱って何?

 【回答】
 10世紀ハンガリーにおける跡目争い.

 10世紀後半のこと,マジャル人の大首長 fejedelem ゲーザ Geza は,自分の死後,イシュトヴァーンに大首長の座を継承させようとしました.
 イシュトヴァーンとはゲーザの息子ヴァイク Vajk の洗礼名.

 ところが,たしか当時のハンガリーでは一族中の最年長者が首長の座を継承するというのが,古くからの決まりでした.
 大公ゲーザの死んだ時点ではヴァイクの叔父であるコッパーニュが首長の座につくのが筋だったのでしょう.
 確かロックオペラでも「古の法によれば・・」とかコッパーニュが言ってませんでしたっけ.

 コッパーニュはゲーザの未亡人シャルロタ(でしたっけ)と結婚して首長の座に着こうとして拒否され,ヴェスプレームに攻め寄せますが,ロシア・イタリア・ドイツといった外国騎士を主体とするイシュトヴァーンの軍とチャータルヘイジで交戦してあっけなく敗北,コッパーニュは戦死してしまったのでした.
 修道院の記録では,イシュトヴァーンの勝利には,ドイツのバイエルンから嫁いできた妃ギゼラの家来のドイツ人騎士が特に大きな役割を果たしたとされており,
「まるでドイツとハンガリーの戦いであるかのようだった」
とされています.

 また,スロバキア民謡のひとつは,
「イシュトヴァーン王(Štefan kral)はビナの辺りではスロバキアの戦士の援けによって異教の敵を倒すことができたのだ」
と歌っているそうです.


 キリスト教を受容しようとしない者達のさらなる反乱を防ぐため,コッパーニュの遺体は4つに裂かれ,見せしめとして城壁の上に曝されました.
 しかしコッパーニュの側からすればヴァイクの側の方が,国を私物化するとんでもない輩に見えたのではないかと思います.

ギシュクラ・ヤーノシュ : 世界史板,2001/10/07
青文字:加筆改修部分

 「一族中の最年長者が首長の座を継承する」というのは,ハンガリーの,というか,騎馬民族の掟だったんでしょうね.
 騎馬民族は戦(略奪)をしながら移動して行くわけで,王は経験が豊富でなければいけなかったからでしょうね.
 ゲーザ(当時の発音ではジェイチャ?)公は,ハンガリーをヨーロッパ世界に受入させるためには,ヨーロッパの文明世界の制度を導入しなければならないと考え,先進的 (?) な王権の世襲制を導入するために存命中に族長会議で(彼らを剣で脅し),息子のヴァイクを次の王として認めさせたのでした.
 かつての偉大なフン族もアヴァル族も,痕跡もなく歴史の部隊から消え去ってしまったのは,彼らがヨーロッパ世界から“文明の敵”だと看做されたからだと考えたのでした.
 すでにフン族やアヴァル族のような,それまでにカルパチア盆地に征服定住した騎馬民族は,全て滅ぼされてしまいました.
 どんなに強くても,ヨーロッパ文明という世界から睨まれたら生き残れない.
 ヨーロッパで生きて行くためにはキリスト教に帰依し,ヨーロッパ文明人として振る舞わなければならないのです.

 コッパーニュの立場ははっきりしています.
 ハンガリー人としての民族の誇りと,民族の独立です.

 ロックオペラのイシュトヴァーンはコッパーニュに言います.
「ローマを受け入れよ.
 全ての道はローマに至る.
 ローマさえ受けれれば,王座はあなたのものだ.
 ひとつの国,ひとつの民族の運命が,私たちの手の中にあるのだ」
と,自分は権力にこだわらないとコッパーニュに手を差し伸べています.
 しかし,コッパーニュはうさん臭い坊主どもがハンガリーを徘徊し,外国の軍勢が駐留するようなハンガリーを認めることはできなかったのです.

 コッパーニュの主張は基本的に正しい.
 しかしそれではハンガリー人は滅ぼされてしまう.
 どんなに辛くても,為政者には国民を守る義務がある.

 そこでゲーザはハンガリー人を無理矢理キリスト教に帰依させようとします.
 抵抗する者は残虐な手法で処刑して行きました.
 民族を守るためには他には選択肢はないのです.
 民衆が話して分かってくれるなら問題はなかったのですが,古来,民衆というものは先を考えず,かつ保守的なものです.

 そういう意味では時代は違いますし,一見やったことは正反対ですが,江戸幕府が徹底して切支丹を弾圧したのも日本という国家を守るためだったわけです.
 ハンガリー人がヨーロッパで存続し続けるためには,どうしてもキリスト教徒にならざるをえなかった.
 同様に日本が欧州列強の植民地とならないためには,どうしてもキリスト教の布教を押え込まなければならなかった....
 両方とも為政者としての苦悩の,責任ある決断だったのだと思います.

 ロックオペラでは国論は完全に二分しますね.
 イシュトヴァーンの祈りはいい.
「私が守りたい民族が私に武器を持ってはむかい,外国から私の民族を守るために,まさにその外国の助けを借りなければならないとは...!」
との苦悩です.
 しかし,コッパーニュの主張する民族の誇りを大切にすべきだという考えはいくら正論ではあっても,それを選んだらハンガリー人はヨーロッパ世界から確実に抹殺されてしまうでしょう.
 ハンガリー人は生き長らえるためには,どんなに苦しくても魂を売り渡さなければならなかったのです.

(1956年のカーダールの苦悩が目に浮かぶようです.
 彼はハンガリー革命の成果を守るためにも,自分が支持するナジ・イムレを裏切らなければならなかった....
 その結果,ハンガリーは東欧で最も自由で先進的な国になることができたのでした.
 イシュトヴァーンは民族の魂を売り,その結果,ヨーロッパに侵入した騎馬民族としては唯一 ―― 国土はだいぶ減りましたが ―― ハンガリー人だけが未だに存続しているわけです.)

 辛い話です.
 でも,まさに悲劇の条件が全て揃っている作品です.
(僕に『国王イシュトヴァーン』の話をさせたら止らなくなるぞ (^^;).)

しい坊 : 世界史板,2001/10/08
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 初代国王イシュトヴァーン1世に対してローマ教皇が王冠を授ける際,使者に対して
「汝らの首長は真の使徒なり.」
と言ったという使徒王国の伝承は,これも伝説ですか?

 【回答】

 “使徒王国”に関しては“伝説”とまで言い切ってしまっていのかどうかは分かりません.
 要するに,ヴァチカンにその資料が現存していないということで,今となっては本当かどうか確認のしようがないということのようです.
(中世のハンガリー人達の捏造である可能性も大いにありえますね.)

しい坊 : 世界史板,2001/10/05
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ハンガリーは何故,正教ではなく,カソリックを選んだのでしょうか?
 地理的には正教を選んでも良かったんでしょうが・・・.

胴締め剛術家 ◆/7yqagaCtg

 【回答】
 隣国であるドイツからの攻撃を回避するためです.

 かつては侵略をほしいままにしていたマジャールの騎馬軍団も,955年にオットー1世にアウグスブルク近郊のレヒフェルトで大敗してからは守勢に回るようになりました.
 このまま在来の宗教を奉じていては滅ぼされると判断した,アールパード家のゲーザ大公がキリスト教に帰依,息子のヴァイクとバイエルン王女のギーゼラを結婚させました.
 このヴァイクが洗礼名イシュトヴァーンでゲーザの死後初代国王となるのです.

 さて,もちろん在来の宗教を奉ずる連中も黙ってはおりません.
 ゲーザ死後,昔からの慣習に従い一族の最年長者にしてイシュトヴァーンの叔父,バラトン湖地方に勢力を有するコッパーニュは,族長の地位とゲーザの未亡人シャルロタとの結婚を要求,イシュトヴァーンは,自らに族長の地位はあるとしてこれを拒否しました.
 外国からの騎士を主体としたイシュトヴァーンの軍はコッパーニュを破り,殺害されたコッパーニュの死体は4つ裂きにされてハンガリーの3つの城の門に釘付けにして晒され,1つはトランシルバニアに勢力を有する族長ジュラに送りつけられました.

 さて,このジュラの一族ですが,トランシルバニアを勢力圏とする彼らはビザンツに接近しジュラ自身がコンスタンチノープルへ赴き洗礼を受けています.
 この後,イシュトヴァーン1世の侵攻でジュラは敗北してしまいますが,在来宗教は弾圧されたものの,東方正教会が禁止とかいうことはなかったようです.
 アールパード家の当主でビザンツ皇帝の娘と結婚した例はままありますし,ベーラ3世のようにビザンツ皇帝の養子になっていた(結局,実子ができたので皇帝位にはつけず)人もいたりします.王が正教会を立てたという例もあるそうです.
何時頃からカトリック王国化したのか私には分かりませんが,アールパード家が断絶してイタリアのアンジュー家のカーロイ・ローベルト王が即位してからだろうかと思ったりします.
 モンゴル来襲時のベーラ4世以降は,ビザンツ皇女との結婚(ベーラの場合はニカイア皇帝ですが)がないのでそう考えた次第です.
 どなたか,詳しい方にご教示賜れば幸いです.

(ギシュクラ・ヤーノシュ ◆yvX9GqWfKI in 世界史板)


 【質問】
 セクイ人とは?

 【回答】
 ルーマニア側でのセーケイ人の呼び方.
 セーケイ人は,マジャールのパンノニア定住後,12,3世紀に辺境警備にトランシルヴァニアにやってきたマジャールの末裔だろうと考えられている.
 ブラム・ストーカーの『ドラキュラ』では,ドラキュラ伯爵はセクイ人の末裔という設定だが,史実のブラド・ツェペシュがセーケイ人だったという事実はない.

 以下引用.

M:
 ブラム・ストーカーの小説ではドラキュラは「セクイ人の末裔なり」と称してます.多分,セーケイ人のことなのでしょう.
 トランシルバニアの彼らのことについては邦文ではコッシュ・カーロイの著書に記載がある程度です.

T:
 ストーカーは「Szekely」とハンガリー語つづりで書いたらしいので,翻訳の過程で「セクイ」になってしまったのでしょうね
(でも日本語でセーケイはなんというのでしょう.セクイだったりしますか?).
 ある研究者によると,ストーカーはマジャールとセーケイとフンの関係に興味を持っていたそうです.
 本物のドラキュラがセーケイの末裔ではないことをストーカーが知っていたかどうかわかりませんが,考えられるのはアッチラと関連づけることによって,作中のドラキュラの邪悪さを強調したかったとか,ドラキュラの子孫がセーケイの地に領土を持っていたことからとかだそうです.

S:
 セーケイ人というのが日本でも多く見かけられる記述ですね.平井呈一先生訳では「セクリー人」となっているようです.
 「セクイ人」はルーマニア側でのセーケイ人の呼び方です.
 セーケイ人の出自は近年までフンの末裔だ,トルコ系だろうと色々いわれてましたが,今はマジャールのパンノニア定住後,12,3世紀に辺境警備にトランシルヴァニアにやってきたマジャールの末裔だろう,ということで落ち付いているようです.

http://www.geocities.co.jp/HeartLand-Himawari/6090/w/tori02.html


 【質問】
 セーケイ人の話すハンガリー語には,特別の特徴があるの?

 【回答】
 セーケイ方言全体としてのまとまった特徴は少ないかもしれません.
 セーケイ方言の中にほぼハンガリー語全域の方言のバリエーションがあると言ってもいいんじゃあないでしょうか.

 ハンガリー語の方言の特徴差は非常に少なく,東北ハンガリー方言とブダペスト方言が「狭いë」と「広いe」を区別せず,他は区別するとか,ドゥナーントゥール(西ハンガリー)方言は2つのeの差が大きいとか,通常は短母音の a が円唇母音で,長母音の á が平唇母音なのに,パローツ方言の一部では短母音の a の方が平唇母音で,長母音の á が円唇母音になるとか,一部の地方では長母音が二重母音になるとか,その程度の差違しかありません.

しい坊 : 外国語板,2001/10/19
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ハンガリーがビザンチン帝国の支配下にあったことがあるってホントですか?

 【回答】
 支配下まで行ったことはないのではないでしょうか?

 アールパード朝のベーラ3世(1148頃~1196)はビザンツ皇帝マヌエル1世の養子になってたことがありました.
 これはビザンツの敵対者であったハンガリー王ゲーザ2世の死後,王位継承をめぐる争いに介入し,ゲーザ2世の息子のイシュトヴァーン3世に対して,対立王として王を名乗るゲーザ2世の兄弟,ラースロー2世,彼が死んだ後はイシュトヴァーン4世を支援します.
 この企ては成功せず,イシュトヴァーン4世は国を追われてしまいますが,マヌエル1世はイシュトヴァーン3世と条約を結び,イシュトヴァーン3世の弟で王位継承権者ベーラ3世が人質としてコンスタンチノープルへ送られました.
 マヌエルははベーラを娘と結婚させ後継ぎにして,ハンガリー王国も版図に加えることを意図したのだと思いますが,皇帝に実子が出来たことによりこの企ては放棄され,ベーラ3世はイシュトヴァーン3世の死去に伴い帰国,ハンガリー王となりました.
 ちなみにベーラ3世はマヌエル1世の義理の姉妹であるアンチオキアのアンアと結婚してます.
 ベーラ3世はマニュエル1世の在世中はビザンツに敵対しませんでしたが,その死後はビザンツ軍とクロアチアやダルマチアで交戦しています.

ギシュクラ・ヤーノシュ : 世界史板,2003/05/21
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 トルディ・ミクローシュって誰?

 【回答】
 トルディ・ミクローシュ Toldi Miklós は,半ば伝説上の存在である騎士.
 カーロイI世(1288~1342)やラヨシュI世(1326~1382)の時代の人物で,1354年にポズナニ地方においてalispán (副知事)やvárnagy(城守)※を務めていたことと,1383~1385年に サボルツ Szabolcs 地方にてfőispán(主席知事)を務めていたことが,記録に残っている.
 また,ラヨシュ1世のナポリ遠征(1347~1352)において傭兵隊長を務めた.
 1359年,フィレンツェにおいて王の命により,子ライオン2頭を献上した.
 1390.11.22,死去.

 一方,民間伝承によれば,ミクローシュは型破りな力持ち.
 父を亡くし,年老いた母と二人,大平原の農村で農民としてつつましい生活を送っていた.
 一方,兄トルディ・ジョルジは狡猾さと貪欲さで出世し,ラヨシュ王のもとで上流騎士として奉仕している.
 その兄が下僕たちを率い,久しぶりに王宮勤めから帰省したときのこと.
 彼は弟を侮辱する.
 ミクローシュはその怪力で粉ひき石を投げ,兄の下僕の一人に直撃する.

 この事件により彼は,村から逃亡を余儀なくされる.
(兄の下僕を殺して村から追われた,というのは史実であるらしい)
 逃亡中は森の中の野鳥の巣を荒らしてその卵を飲んで空腹を癒し,狼に襲われると素手で闘い,殺す.
 そしてそれを村へ持ち戻り,兄の寝室の前に置いたという.

 やがてミクローシュはブダの町に辿り着く.
 彼は町中で暴れていた獰猛な雄牛を両手で難なく押さえ込み,その勇敢ぶりに町中の人々は喝采を送る.

 その頃,ブダの町には,次から次へとハンガリーの勇者に決闘をつきつける,とあるチェコ人がいた.
 2人の立派な息子をこの者に殺されたという老婆の涙に,トルディは故郷に残る母の悲しみにくれる姿を重ね,このチェコ人を倒すことを老婆に誓う.
 ドナウ河の中洲で行なわれた決闘で,トルディは圧勝.
 彼は命乞いをする敵を許してやろうとするが,敵は不意打ちを試みたため,ミクローシュは彼の首を斬りおとす.

 ミクローシュの活躍ぶりを遠目で見ていた王は,彼を呼び寄せ,領地と最高の騎士の称号を与える.
 一方,兄ジョルジはそのずるさを暴かれ,王の前で屈辱を受けることとなった…

 【参考ページ】
http://ir.library.osaka-u.ac.jp/dspace/bitstream/11094/5932/1/riwl_001_141.pdf
https://en.wikipedia.org/wiki/Mikl%C3%B3s_Toldi
https://hu.wikipedia.org/wiki/Toldi_Mikl%C3%B3s
http://www.mek.iif.hu/porta/szint/egyeb/lexikon/pallas/html/101/pc010132.html#3

トルディ・ミクローシュ肖像画
こちらより引用)

【ぐんじさんぎょう】,2016/04/09 20:00
を加筆改修

 várnagyをぐぐってみたら,いくつかめに出てきたのが,英ハンガリー語翻訳サイトらしい.
http://en.bab.la/dictionary/hungarian-english/várnagy

英語だとCastellan……つまりは,Castleを人化してるから,城主とか?太守とか?と思って,英語Wikipediaで引いてみたら,ほぼ正解かな.
https://en.wikipedia.org/wiki/Castellan

ソフトヒッター99 in mixi,2016年04月07日

 恒文社のハンガリー史では「城守」という訳を当てています.
 それによるとカーロイ1世(アンジュー家のカーロイ・ローベルト)が
「城の周辺に残っている王領地を組織して,県行政から独立させて城直轄とし,城守(ヴァールナジ)がこれを納めた.
 城守の職務は本来の軍事的任務より経済的任務となっていった.」
とのことです.

 ちなみにイシュパーンは県知事,alispán アルイシュパーンは副知事という訳を当てています.

 一方,今岡先生のハンガリー語辞典ではfőispánは「主席知事」,alispánは「副知事」だそうです.
 várnagyは城主,城代,要塞司令官という訳を当てておられます.
 ハンガリーの官職の翻訳は扱っておられる方が少ないので,人によって訳語が違うことがあって戸惑います.

ギシュクラ in mixi,2016年04月07日~04月10日
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ハンガリー・アンジュー朝って何?
 3行で教えて!
Mi Anjou-kor?
Kérem, mondja meg a három sorban.

 【回答】
 ハンガリー・アンジュー朝は1308年~1395年まで続いたハンガリーの王朝で,フランスに起源を持つナポリ・アンジュー家のハンガリーにおける分家.
Anjou-kor 1301 és 1386 közötti korszak neve Magyarországon, amely a francia eredetű nápolyi Anjou-dinasztia magyar ágából származó.
 ラヨシュ一世がザーラ条約(1358年)でアドリア海の覇権を確かなものにするなど,アンジュー朝時代にハンガリーは黄金時代を迎えたが,次第にラツクフィ家,ガライ家,ホルヴァート家といった大貴族(マグナート)が力を増し,王権は衰退した.
 ラヨシュ一世死去(1382年)後,長女マーリアの王位継承を巡って争いが起き,最終的にはマーリアの許婚であるルクセンブルク家のジグモンド(後の神聖ローマ皇帝)と共同でハンガリーを治めることになったが,ニコポリスの戦い(1396年)においてオスマン帝国軍に惨敗し,ハンガリー・アンジュー朝は断絶して,王権は摂政フニャディ=ヤーノシュの息子,マーチャーシュのものとなった.
アンジュー家はマリア女王が亡くなった段階で断絶して,夫だったジギスムントがハンガリー王になった.

 【参考ページ】
http://graywolf.la.coocan.jp/Retu/States/state506.htm
http://cerp.edu.mie-u.ac.jp/icerpold/tokuron/tokuron15kansei/C4/rekishi.html
http://antiquesanastasia.com/religion/references/devotional_items/crosses_and_crucifixes/croix_patriarcale/general_info.html
https://reichsarchiv.jp/家系リスト/アンジューシチリア家(ハンガリー系)

ハンガリー・アンジュー朝系図
(山川出版社『東欧史』を参考にして作成)

【ぐんじさんぎょう】,2016/09/30 20:00
を加筆改修

 ハンガリーのアンジュー家はマリア女王が亡くなった段階で断絶して,夫だったジギスムントがハンガリー王になっています.
 ニコポリスの十字軍は惨敗してますが,ジギスムントは生還して,長生きしています.
 彼の後が娘婿のアルベルトですが,即位からほどなく病没(陣中で疫病に罹患).
 その後,ポーランドのヤゲヴォ家のウラースロー1世(ヴワディスワフ・ヴァルネンチク)とアルベルト王の子供のラディスラウス・ポストゥムスの王位継承争いがあって,ウラースローが王位につきましたが,ヴァルナの十字軍で戦死しました.
 その後がラディスラウス・ポストゥムスで,ベオグラードの戦いの直後に,フニャディ・ヤーノシュが病死した後,フニャディ家の勢力を削ごうとして失敗,フニャディ一派の武装蜂起にあって,プラハに逃れ,そこで結婚式の準備中に急死しました.
 当時は毒殺と言われていましたが,近年の遺骸の調査で急性白血病だったことが判明しています.
 武装蜂起したフニャディ一派が王位につけたのがフニャディ・ヤーノシュの次男マーチャーシュです.

ギシュクラ in mixi,2016年09月30日 00:59

 ご指摘ありがとうございます.
 訂正させていただきました.

編者,2016.10.5


目次へ

「欧露別館」トップ・ページへ   サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ