家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

c

「欧露別館」トップ・ページへ   サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ

◆◆◆その他の艦船
<◆◆装備
<◆ロシア海軍 目次
ロシアFAQ目次


 【link】

「FLOT.com」◆(2011/09/27)Севастополе появится памятник царской яхте "Штандарт"
セヴァストポリの「記念碑」,王室ヨット"スタンダール"

Экраноплан "Лунь" проект 903

「VOR」◆(2012/07/26)ロシア連邦海軍の「見えない船」,180km先の標的に命中

蛇乃目伍長の「エアフォースの英国面に来い!」 Mk.2◆(2013/03/18) アルハンゲリスクのチェーンソーボート

「六課」ACS◆(2013/05/04) ロシア海軍は2013年に10隻の救助船と救助艇を受領する

新「六課」◆(2012/05/06)未完の練習艦ボロジノ(旧警備艦ノーウィック)

新「六課」◆(2012/06/07) ロシア海軍は2013年から各種支援艦艇を受領する

「六課」ACS◆(2012/12/25) 小型水路測量船ヴィクトル・ファレーエフは工場航海試験を開始した

「六課」ACS◆(2013/01/03) ロシア海軍は支援船を更新する

「六課」ACS◆(2013/02/12) 練習艦ボロジノの建造が再開される

「六課」ACS◆(2013/04/28) ロシア海軍の工作船PM-138はボスポラス海峡を通過した

「六課」ACS◆(2013/12/21) 工作船PM-138はセヴァストーポリへ戻った

「六課」ACS◆(2013/05/12) ロシア海軍のオビ級病院船は復帰する

「ロシア海軍情報管理局」◆(2014/03/14) ロシア海軍最古参・救助船コムーナはオーバーホールを終えた

「ロシア海軍情報管理局」◆(2014/6/26)  ロシア海軍は2015-2018年に4隻の新世代掃海艦プロジェクト12700を受領する


 【質問】
 ノブゴロド Novgorod は何故,船体平面が円形になったのか?

 【回答】
 ノブゴロドは,ポポフ中将のアイディアで作られた,「ポポフキ」という平底の浮き砲台で,船体直径は30.8m.
 黒海沿岸,ニコライエフで1873年に進水した.

 円形になった理由だが,河川や沿岸における陸上作戦支援のための重砲のプラットフォームとして,最も安定した形態と考えられたため.
 しかし実際に使ってみると,水流の中で船体が回転してしまい,実用にならなかったという.

 常備排水量2,491t.
 計画速力7ノット.
 28cm砲×2.

 以上,ソースは「世界の船 1981年版」(朝日新聞社,1981/7),p.15より.

 日本国内の「ウォーター・ライン・シリーズ」と同スケールの,1/700のプラモもあるとさ.

faq39m05.jpg
(こちらより引用)

(画像掲示板より引用)


 【質問】
 海洋物資供給船「エリブルス」について教えてください.

 【回答】
 海洋物資供給船プロジェクト23120「エリブルス Эльбрус」は,セーヴェルナヤ・ヴェルフィで2012年11月14日に起工されました.
 物資輸送,救難,その他のソフトウェア支援を目的とする船です.
 装備はモジュール化されており,貨物搭載のための50tクレーンを,両舷に1基ずつ装備することが可能な他,宿泊施設,救難のためのソナー・救助艇等も搭載できます.
 砕氷能力も有し,厚さ0.6mの氷を2ノットで進むことができる予定.
 武装はありませんが,テロ対策のため,小火器を保管搭載しています.

[要目]
全長  :90m
全幅  :約22m
喫水  :約9m
満載排水量:10,000t
最大速度:18ノット
主機  ;ディーゼル・エレクトリック,15,000kw
航続距離;約5000マイル,約60日
乗員 :27

模型写真
(こちらより引用)

モジュール・ヴァリエーション三態
(こちらより引用)

 【参考ページ】
http://rybachii.blog84.fc2.com/blog-entry-815.html
http://forums.airbase.ru/2012/11/t87082--sudno-tylovogo-obespecheniya-elbrus-proekta-23120.html
http://bastion-karpenko.ru/23120/


 【質問】
 「アムール」型工作艦について教えてください.

 【回答】
 「アムール Amur」型こと「洋上工廠・計画304 Плавучая мастерская пр.304」型は,他の艦艇に対して整備や修理を実施する,いわゆる工作艦です.
 前級,「オスコル」型の拡大版であり,1963〜80年代末にかけ,同型型24隻が,全てポーランドのシュチェチンSzczecin,Warski造船所にて建造されました.
 予備部品備蓄を持ち,クレーン3基を装備.
 艦内に小工場を有し,修理工員が100〜160人乗艦しています.
 また,修理中の艦船乗員,200名の収容能力があります.

 黒海艦隊の工作艦は,交代で地中海へ派遣され,シリアのタルトゥースへ駐留しています.

[性能要目]
満載排水量:5540t
基準排水量:4000t
全長:121.7m
全幅:17m
喫水:4.63m〜5.1m
最大速度:14ノット
航続距離:10ノットで7800マイル
機関:ディーゼル2基,3000HP,1軸
乗員:約210
兵装:ZIF-31B 25mm機銃×2,57mm砲×1(ただし現在は搭載していない模様)

同型艦 起工 就役 備考
PM-9
(露語ページ) 
29 Nov 1969    30 Sep 1970 1997.8.1,ウクライナ海軍へ移管され,
「ドンバス Донбасс」(艦番号:U500)と命名
PM-138
(露語ページ)
9 Nov 1968 31 Oct 1969 就役中
PM-139 29 Mar 1969 15 Mar 1970 入渠中
PM-140 12 Jul 1969 19 Jun 1970 2010.6.27,実艦標的として撃沈さる
PM-34 26 Mar 1970 18 Dec 1970 入渠中
PM-40 5 Aug 1970 31 Mar 1971 退役解体
PM-64 17 May 1971 16 Nov 1971 就役中
PM-156 13 Nov 1971 18 Apr 1972 就役中
PM-161 31 Jan 1972 28 Jun 1972 1995.9.1,退役解体
PM-163 16 May 1972 18 Oct 1972 1993.2.22,退役解体
PM-129 29 Dec 1972 26 May 1973 2010,実艦標的として撃沈さる
PM-56
(露語ページ)
16 Jun 1973 23 Nov 1973
こちらでは1971年 
就役中
PM-73 30 Nov 1973 29 Mar 1974 就役中
PM-52 19 Mar 1977 30 Sep 1977 就役中
PM-81 20 Jul 1977 30 Nov 1977 就役中
PM-75 12 Nov 1977 31 Mar 1978 就役中
PM-49 19 Dec 1977 29 Apr 1978 就役中
PM-82 13 May 1978 30 Sep 1978 就役中
PM-5 7 Aug 1981 30 Jun 1982 就役中
PM-10 30 May 1981 26 May 1982 就役中
PM-15 4 May 1982 10 Sep 1982 就役中
PM-30 29 May 1982 10 Dec 1982 就役中
PM-37 1 Oct 1982 23 Sep 1983 退役解体
PM-59 14 Feb 1986 14 Nov 1986 就役中
PM-69 7 May 1986 31 Mar 1987 就役中
PM-86 30 Oct 1986 30 Jun 1987 就役中
PM-92 7 Aug 1987 18 Mar 1988 就役中
PM-97 16 Oct 1987 27 Jun 1988 就役中

 【参考ページ】
『ソ連海軍事典』(原書房,1988),p.363
「六課」ACS◆(2013/04/25) 工作船PM-138は地中海へ行く
Вспомогательные суда :: Черноморский Флот
http://www.worldwarships.com/class/amur-project-304

PM-138写真
(こちらより引用)

【ぐんじさんぎょう】, 2013/12/01 20:00
を加筆改修


 【質問】

------------
【最新コルベット「ボイキー」は国家受領試験の枠組みにおいて成功裏にロケット発射を実行した】
 プロジェクト20380最新コルベット「ボイキー」の乗組員は,国家受領試験の枠組みにおいて,バルト艦隊の戦闘射爆場での主要艦載複合体のロケット発射を成功裏に実行した.
 射撃は,仮想敵の水上艦を模倣した曳航された船盾へ向けて実施された.
------------

 「船盾」とは?

 【回答】
 洋上標的
の事です.
 自力航行は出来ず,射撃試験時の標的として使用されます.
faq131113tg.jpg

 試験時には,船上の骨組みにシートを張ります.
faq131113tg2.jpg

「六課」ACS◆(2013/03/31) 最新コルベット「ボイキー」は対艦ミサイルを発射した
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 測量船「ヴィクトル・ファレーエフ」について教えられたし.

 【回答】
 「ヴィクトル・ファレーエフ」はプロジェクト19910小型水路測量船の2番船です.
 1番船「ヴァイガチ」は2007年11月25日に就役し,バルト艦隊へ配備されています.

 船名は,水路工学の科学者及び船乗りとして知られるヴィクトル・ファレーエフに因んでいます.
 彼は太平洋沿岸,海洋及び大洋での調査に従事.
 彼の指導の下に用意され,公表された数多くの壮大な記録は,現在も,世界全ての船員の役に立っています.

 同船は,ウラジオストクの東方造船所で2006年10月に起工され,太平洋艦隊水路測量サービス設立155周年記念日である2011年11月12日に進水しました.
 「東方造船所」Восточная Верфьは,ウラジオストク南部のウリス湾の東岸に在ります.

 2012年12月25日より航海試験が開始されました.
[小型水路測量船ヴィクトル・ファレーエフは工場航海試験を開始した]

 2013年1月26日,ロシア海軍へ引き渡されました.
「中央海軍ポータル(フロートコム)」◆(2013年1月28日配信) 水路測量船「ヴィクトル・ファレーエフ」は海軍へ受領された

 そして4月27日,ロシア太平洋艦隊へ編入されました.
「ノーボスチ」◆(2013年4月27日2時50分配信) 太平洋艦隊の新たな船の海軍旗初掲揚式典はウラジオストクで開催される

 同船は,測定の実施,航路ブイの設置,沿岸航海ステーション及び遠距離灯台の円滑な管制作業の為の業務を行います.
 船上には太平洋艦隊の為の同タイプの最初の機器である光線測深器が設置されており,船底から直接水路測量作業を実施する事により,調査結果をオンライン3Dフォーマットモードに加工する事が出来ます.
 これは,太平洋艦隊の為に建造された船に在るこのタイプの機器の最初のものです.

 また,同船には,海軍の船に最初に採用されたユニークな電気発電システムと,船舶電気技術中央化学研究所が特別に開発した電気推進器が装備されています.

排水量,約1000トン
速力13ノット
乗組員17名
航続距離2000海里
自立行動期間15日

 【参考ページ】
「六課」ACS◆(2013/04/28) 小型水路測量船ヴィクトル・ファレーエフに聖アンドレイ旗が揚がる
「六課」ACS◆(2012/12/25) 小型水路測量船ヴィクトル・ファレーエフは工場航海試験を開始した

工場航海試験中の「ファレーエフ」
(こちらより引用)

海軍旗初掲揚式典における「ファレーエフ」
その操舵室
(こちらより引用)


 【質問】
 ロシア海軍の対機雷戦能力は?

 【回答】
 旧ソ連海軍時代に比べ,見る影もないほど減勢している.
 主力は鋼製船体の航洋掃海艇ナチャ型.新鋭艦としてはゴーリャ型がある.
 また,艦艇の輸出も行われている.
 以下引用.

 旧ソ連海軍は,帝政ロシア時代からの伝統を引き継ぎ,第2次大戦後に膨大な対機雷戦艦艇部隊を建設したが,ロシア海軍となった現在,その勢力は見る影もないほど減勢している.
 その中で主力となっているのが,1970年代から多数建造された鋼製船体の航洋掃海艇ナチャ型で,現在は9隻が就役しており,さらに1隻が2000年5月に進水した.
 就役中の9隻のうち,1隻が掃討タイプと言われ,掃海能力のみの従来型をI型,掃討タイプをII型と称しているが,II型の詳細は明らかではない.

 I型は砲,簡易SAM,対潜ロケット発射機,爆雷,さらには機雷も搭載するなど兵装は強力で,むしろ哨戒艇任務を重視している.
満載排水量  804t
全長 61m
10.2m
吃水 3m
主機 ディーゼル2基,出力5,000馬力
2軸可変ピッチ・プロペラ
速力 16ノット
乗員 67名
 同型はインド,リビア,シリア,イエメン,エチオピアに引き渡されている.

 ロシア海軍ではこの他,ソーニャ Sonya 型を20隻保有しており,こちらは満載排水量450tの木造船体にFRPコーティングを施しており,最終艇は1995年に完成した.
 本型もブルガリア,キューバ,シリア,ベトナム,エチオピア,ウクライナに引き渡されている.

( from 「世界の艦船」2004年9月号,p.80-81)

http://www.hazegray.org/worldnav/russia/littoral.htm
によれば,「2000年5月に進水」した「ナチャ型」(プロジェクト266M)は,「ワレンチン・ピクル」,
 この他,「ヴィッツェアドミラル・ザハリン」「ヴィッツェアドミラル・ズーコフ」が建造中らしい.

 「掃討タイプ」の「II型」(プロジェクト266DM)は,艦名「ストレローク」.1982年就役,黒海艦隊所属.

 プロジェクト12660(ゴーリャ型)は,1番艦「ゼレズニャコフ」が黒海艦隊,2番艦「ウラジミール・グマネンコ」が北方艦隊所属.

(夏光華<シア・クァンファ> in FAQ BBS)

 掃海艦としてはゴーリャ Gorya 型がある.
 世界の艦船の記事から纏めると,要目は以下の通り.

 1988年と94年に1隻ずつ就役した掃海艦で,3番艦は起工後,建造を中止された.
 船体は非磁性鋼,上構は軽合金製と言われる.
満載排水量  1,130t
全長 66m
主機 ディーゼル,2軸,出力5,000馬力
速力 15ノット
兵装 SA-N-5簡易SAM 4連装発射機2基,
76mm単装砲1基,
30mm CIWS 1基
 船体下に機雷探知ソナーを備え,掃海具一式と水中航走体1基を搭載している.
 掃海機器射出用に406mm魚雷発射管2門を装備していると言われるが,その詳細は不明.

( from 「世界の艦船」2004年9月号,p.28)

 冷戦中には多くの対機雷艇がワルシャワ条約諸国に譲渡されたが,その殆どは古くなって運用されていない模様である.
 運用中と伝えられているものとしては,1988〜96年にブルガリアで建造されたオリヤ Olya 型6隻がある.

 冷戦後は,国営の武器輸出会社ロスブーロウジェニィを設立して,積極的に輸出に取り組んでいる.
 その実績は,
・ナチャ Natya 型がリビアに8隻,ウクライナに2隻,
・ソーニャ Sonya 型がウクライナに2隻,
・エフゲーニャ Yevgenya 型がウクライナに1隻,グルジアに4隻
である.

(同,p.96)

 なお,旧ソ連海軍は航洋型のT-43型も多数整備した.
 これらは既に一隻も残っていないが,中国は,そのコピー版である撫順 Fushun 型を1980年代後半までに40隻建造し,現在も27隻保有している他,一部を輸出した.

(同,p.81)


 【質問】
 掃海艦「ゼレズニャコフ」について教えられたし.

 【回答】
 トルコ主導の密輸取締り作戦”ブラック・シー・ハーモニーBlack Sea Harmony”にも参加するプロジェクト12660外海掃海艦「ゼレズニャコフ」 Морской тральщик "Железняков は,西側では「ゴーリャ」Gorya型掃海艦として知られており,満載排水量1,150トンの大型掃海艦艇です.

 レニングラード(サンクト・ペテルブルク)市のスレドニェ・ネフスキィ造船所で
1985年2月28日に起工.
1986年7月17日進水.
1988年12月30日に就役後,黒海艦隊ヘ配備.
1996年10月,地中海合同演習"Sea-Breeze-96"に参加.
2001年,黒海沿岸諸国海軍合同演習"Blackseafor-2001"に参加.
2002年,"Blackseafor-2002"に参加.

 「ゼレズニャコフ」は,ロシア海軍黒海艦隊の第184水域警備旅団・第170掃海艦大隊に所属し,ノヴォロシースク海軍基地を母港としております.

4枚目:ノヴォロシースク海軍基地のゼレズニャコフ(2005年7月31日撮影)

5〜7枚目:洋上行動中のゼレズニャコフ(2005年9月27日撮影)
faq39m12660z02.jpg
faq39m12660z03.jpg

Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜
2007/11/1(木) 午後 8:46


 【質問】
 掃海艦「アガート」型について教えられたし.

 【回答】
 プロジェクト02668「アガート」Агат型はロシア海軍の新型外海掃海艦です.
 ソ連邦時代に大量建造されたプロジェクト266(ナチャ型)外海掃海艦の改良発展型となる艦です.

 1番艦「ヴィツェ・アドミラル・ザハリン」Вице-Адмирал Захарьинは,ヴィツェ・アドミラル・ザハリンは,サンクト・ペテルブルクのスレドニェ・ネフスキィ造船所で2001年に起工され,
2006年5月26日に進水しました.
2007年就役の予定です.
2008年1月17日,正式にロシア海軍へ引き渡されました.

 艦名は,1985年から1991年まで海軍総司令部の運用管理部長を務めたウラジーミル・コンスタンチノヴィッチ・ザハリンに因みます.

 このようなタイプの掃海艦艇としては,初めて操縦艦橋と第一次指揮所が統合され,これに伴い,自動化された対機雷戦制御システムを有します.▲

基準排水量:705t
満載排水量:822t
全長:61.0m
幅:10.2m
喫水:3.0m
機関:M-503Bディーゼルエンジン×2基,合計5,000馬力
速力:16ノット
航続距離:巡航速度で3,000海里
兵装:AK-306 30mmガトリング砲×1基
乗員:60名

 02668型には,以下の掃海装置が搭載されます.
・高速掃海具BKT
・磁気掃海具TEM-4
・音響掃海具AT-3
・機雷探知機「リヴァディヤ」Ливадия

1枚目:2006年5月26日に進水するヴィツェ・アドミラル・ザハリン

4,5枚目:艤装中のヴィツェ・アドミラル・ザハリン(2007年5月6日撮影)
faq39m2668v02.jpg
faq39m2668v03.jpg

Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜
2007/5/11(金) 午後 7:34

Небесный бытьネベスニィ・ビィチ〜ロシア・ソ連海軍〜
2009/1/14(水) 午後 7:51

 【関連リンク】

「ロシア・ソ連海軍」:新型掃海艦ヴィツェ・アドミラル・ザハリン近影(2008年6月12日)

「ロシア・ソ連海軍」:新型掃海艦ヴィツェ-アドミラル・ザハリン,黒海艦隊へ


 【質問】
 掃海ヘリコプター母艦「グラナト」について教えられたし.

 【回答】
 1970年代後半に計画されたプロジェクト923「グラナト」.
 艦種は「艦隊掃海ヘリコプター母艦」です.
(Эскадренный Тральщик-Вертолетоносец)

 プロジェクト923は,大洋ゾーンにおける掃海活動を行なう艦として構想されました.
 この為,耐航性を有する大型の船体と,自unc31衛の為の強力な兵装が要求されました.

 この要求を手っ取り早く満たす為,プロジェクト1155大型対潜艦(ウダロイ型)の設計が流用されました.

[艦隊掃海ヘリコプター母艦プロジェクト923]
満載排水量:7,800t
全長:163m
幅:19m
主機:巡航用ガスタービン×2基(16,000馬力),ブースト用ガスタービン×2基(37,000馬力)
速力:30ノット
航続距離:14ノットで5,600海里
兵装:
「キンジャル」高射ミサイル8連装垂直発射機×8基
AK-100 100mm単装砲×2基
AK-630 30mmガトリング砲×4基
2M-3M 25mm連装機銃×1基
RBU-12000「ウダフ-1」ロケット爆雷12連装発射機×2基
搭載機:Ka-25PMO掃海ヘリコプター×5機
乗員:231名

 兵装や各種装備も1155と似たようなものですが,ヘリコプター搭載数は5機に増やされました.
 当然,ヘリコプター格納庫は拡大されています.

 また,1155では対潜ミサイル発射筒が有った場所には,ロケット爆雷発射機が装備されました.
 更には,1155には無かった25mm機銃が艦橋に装備されました.

 レーダーは,1155の1番艦ウダロイと同様の「トパーズ」(ストラット・ペア)ですが,ウダロイが艦後部に1基装備しているのに対し,923は,艦の前部と後部に2基装備されました.

 1155は,艦尾に曳航式対潜ソナーを収納していますが,923では,これが掃海装置に変更されました.

 ……と,このように世界でも類を見ないユニークな「掃海艦」となる筈だった923ですが,「掃海艦」としては高価に過ぎ,更には,建造する造船所が無い為,プロジェクトは中止されました.
 この艦は,カリーニングラード市のヤンタリかレニングラード市のジダノフでしか建造できませんが,両者とも,1970年代末からウダロイ型およびソブレメンヌイ型駆逐艦の建造に取り掛かっており,その上,このような「大型掃海艦」の建造まで手掛ける余裕は有りませんでした.

 しかしながら,もしも建造されていれば,ヘリコプター5機を搭載できる本型は,今なら,「本来の用途(掃海)」以外にも,色々と使い道が有ったでしょう.
 例えば,ソマリア沖で海賊対処任務に従事するとか.

faq39m923.jpg

「ロシア・ソ連海軍報道・情報管理部機動六課」
2009/10/9(金) 午前 7:21

青文字:加筆改修部分


 【質問】
 「ユルカ」型掃海艇って何?

 【回答】
 「ユルカ Yurka」型は,ロシア海軍の計画 266 проекта 266 「アクヴァマリン Аквамарин」海洋掃海艦 Морской тральщик,およびその派生型(計画266M,266ME,02666,02668)の総称.
 旧式化してきたT-43型海洋掃海艦の代替として,1963年から1970年にかけ,計画266が45隻,266Mが31隻,266MEが29隻,02666と02668が各1隻建造された.
 艇体の中心線に対して垂直方向に幅の広い,楕円の煙突が特徴.
 エジプトに4隻,ヴェトナムに2隻譲渡され,また,1989年に1隻が事故で沈んだが,それ以外の艇は1990年代までに全艇退役した――と,英や露のwikipediaには書かれているのだが,どうやら何隻かは,まだ現役にある模様.

 【参考ページ】
http://ru.wikipedia.org/wiki/Тральщики_проекта_266
http://en.wikipedia.org/wiki/Yurka_class_minesweeper
http://russian-ships.info/boevye/266.htm
http://russian-ships.info/boevye/266m.htm
http://lib.rus.ec/b/356160/read

計画266
(こちらより引用)

計画266M
(こちらより引用)

【ぐんじさんぎょう】,2012/07/13 20:20
を加筆改修

海洋掃海艦「コヴロヴェッツ」

 「コヴロヴェッツ」はプロジェクト266M「アクヴァマリン」(アクアマリン)の1隻で,1974年11月21日に就役しました.
 就役時の艦名は「ナヴォードチク」でしたが,2000年に「コヴロヴェッツ」と改名されました.

ロシア・ソ連海軍報道・情報管理部機動六課,2012/2/29(水) 午後 7:04


 【質問】
 ロシア海軍の病院船について教えられたし.

 【回答】
 ロシア連邦国防省公式サイト
(Министерство обороны Российской Федерации,www.mil.ru)

によれば,病院船は,ロシア海軍に3隻が在籍している.
 黒海艦隊の病院船「エニセイ」,太平洋艦隊の「イルティシュ」,北方艦隊の「シヴィーリ」.
 他の病院船と同様,ポーランドのシチェチン造船所で造られた.

排水量11.600トン,
長さ152メートル,
巡航時の航続距離は11.600海里
独立航海期間は45日
船上に置かれる病院は,100人の患者を同時に収容できる.
船上には,10以上の治療および診断部門,3つの手術室と薬局が有る.
船の総合病院には,200ヶ所の薬局が有る.

 いつもウラジオストク市のロシア太平洋艦隊司令部ビル前の艦艇停泊地に居る白い船が,病院船「イルティシュ」です.

faq39m320Ai.jpg

Небесный бытьネベスニィ・ビィチ〜ロシア・ソ連海軍〜
2008/5/28(水) 午後 6:54

より再構成


 【質問】
 オビ級病院船について教えられたし.

 【回答】
 ロシア海軍のプロジェクト320A病院船
(Госпитальное Судно пр.320А)
は,1980年から1990年に掛け,ポーランドのシチェチン造船所で4隻が建造されました.
 現在,ロシア海軍には,以下の3隻が在籍しております.

[エニセイ]Енисей
1981年就役,黒海・第472支援艦艇旅団所属

[シヴィーリ]Свирь
1989年就役,北方艦隊・第16支援艦艇旅団所属

[イルティシュ]Иртыш
1990年就役,太平洋艦隊・第31支援艦艇旅団所属

 あとの1隻,1980年に就役したオビ(Объ)は,太平洋艦隊へ配属されましたが,1997年に除籍されました.

 ロシア連邦国防省公式サイトによると,オビ級は,
満載排水量11.600トン,
全長152メートル,
巡航速度での航続距離は11.600海里,
独立航海期間45日,
船内に100人の患者を収容可能です.

 その船内には,10以上の治療・診断部門が有り,手術室は3室あります.

 滅多に海上へ出る事は無いようですが,停泊中も,浮かぶ海軍病院として「営業」しています.

 現在,"Google Earth"では,オビ級3隻を見る事が出来ます.

1枚目:病院船エニセイ

3枚目:病院船イルティシュ

5枚目:セヴェロモルスクの病院船シヴィーリ(Google Earth)

Небесный бытьネベスニィ・ビィチ〜ロシア・ソ連海軍〜
2008/6/28(土) 午後 5:11


 【質問】
 複合測量艦「マルシャル・クリロフ」について教えられたし.

 【回答】
 複合測量艦「マルシャル・クリロフ」
(Корабль Измерительного Комплекса"Маршал Крылов")
は,弾道ミサイルや人工衛星の追尾に使われる特務艦です.

 「マルシャル・ネジェーリン」級(プロジェクト1914)の2番艦であり,アドミラルティ造船所で建造され,
1989年12月30日就役,
1990年2月23日,海軍旗を授与され,太平洋艦隊に配備されました.

 その後は,ペトロパヴロフスク・カムチャツキー港に駐留し,弾道ミサイル発射テストの支援任務に就いていました.

 1枚目の写真は,2007年10月にペトロパヴロフスク・カムチャツキー港で撮影されたものです.

 そして「マルシャル・クリロフ」は,最近,ウラジオストクへ回航されてきました.

 2枚目は,2008年2月24日に撮影された「マルシャル・クリロフ」です.
 ウラジオストク湾内の艦船修理工廠「ダーリ・ザヴォート」に係留されています.
 「マルシャル・クリロフ」は,これからオーバーホールされるようです.

 「マルシャル・クリロフ」の手前には,今年初めにオーバーホールを終えた太平洋艦隊旗艦のロケット巡洋艦ワリャーグが停泊しています.

faq39m1914k.jpg
faq39m1914k02.jpg

Небесный бытьネベスニィ・ビィチ〜ロシア・ソ連海軍〜
2008/3/18(火) 午後 6:56

▼ 「マルシャル・クリロフ」は,カムチャツカ半島のクラ射爆場を標的として実施される弾道ミサイルの試射の際,軌道追跡を行なっています.

 2011年に白海の戦略原潜「ユーリー・ドルゴルーキー」から発射された「ブラヴァー」弾道ミサイルも,「マルシャル・クリロフ」により軌道追跡が行なわれていました.
[「全力全開」ブラヴァー発射試験(2010〜2011年)]

ロシア・ソ連海軍報道・情報管理部機動六課
2012/2/5(日) 午後 2:16

▼『ロシア連邦国防省公式サイト』より:

------------
ロシア東方軍管区広報サービス発表
2012年10月19日10時16分配信
【複合測量艦「マルシャル・クリロフ」は計画修理を終えて海洋へと去った】

 イーゴリ・シャリン1等海佐が艦長を務める太平洋艦隊の軍艦「マルシャル・クリロフ」は,直接指示された任務を遂行する為に海洋へと去った.

 この艦は,特殊な検査を可能とする.
 何しろ,新たなミサイル複合体機器(宇宙機器,有翼ミサイル及び弾道ミサイル,運搬ロケットなど)の試作品の飛翔-開発試験の支援任務を遂行する海軍で唯一のクラスである.
 全長は200メートル以上,乗員は約350名の「マルシャル・クリロフ」は,22ノットの速力を発揮できる.
 艦上には,2機の捜索-救助ヘリコプターKa-27が在る.

 2012年7月24日,同艦は25周年を迎えた.
 機器を適切な状態に維持する為,同艦はウラジオストクで長期間のドック修理が行なわれ,この間にシステムを保障する全体的に複雑な作業が実施された.
 その後,「マルシャル・クリロフ」は,アムール湾での航海試験を成功裏に終えた.
 今,イーゴリ・シャリンによれば,海洋で乗組員の技量水準を点検する必要が有る.

 現在,プロジェクト1914.1「マルシャル・クリロフ」は,国内の科学者及び設計者の最新の成果を示す設備を有するロシア海軍の唯一にして最も大きな艦である.
------------

新「六課」,2012/09/19


 【質問】
 21270型補助連絡艇とは?

 【回答】
「セーヴェルナヤ・ヴェルフィ」は,ロシア海軍の為のコルベット・プロジェクト20380および連絡艇プロジェクト21270の唯一の製造者になると断言
サンクト・ペテルブルク,6月20日(イタル・タス)

という記事によれば,補助連絡艇プロジェクト21270は,ロシア連邦海軍のパレード用および司令部の命令伝達用の艇で,中央海洋設計局「アルマーズ」によって生み出されたという.
 最大速力は22ノット.
 燃料満載状態での航続距離は,巡航速力15ノットで350海里.
 乗組員6人の他,乗客12名(短期間で最大20名)を乗せられる.
 特に,連絡艇プロジェクト21270「アリバトロース」は,VIPクラスのロシア連邦海軍主要スタッフの為に,ロシア連邦国防省の発注により建造されたという.

 サンクト・ペテルブルクの株式会社「セーヴェルナヤ・ヴェルフィ造船所」報道部は,今後,コルベット・プロジェクト20380「ステレグーシチー」型および補助連絡艇プロジェクト21270の唯一の製造者になると断言したという.

 詳しくは「ロシア・ソ連海軍」2008/6/20(金) 午後 7:18付を参照されたし.

faq39m21270.jpg
faq39m21270b.jpg


目次へ

「欧露別館」トップ・ページへ   サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ