家電バーゲン
放射能測定器
避難リュック
本のバーゲン

c

「欧露別館」トップ・ページへ   別館サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ

◆◆装備
<◆ロシア海軍 目次
ロシアFAQ目次


(画像掲示板より引用)


 【link】

「47 News」◆(2011/03/01) 速報:ロシア軍参謀本部高官は千島列島に対艦巡航ミサイルが配備されると述べた.インタファクス通信

dolbichkin

「FLOT.com」◆(2010/09/12)Главный российский должник Севастополю объявлен банкротом
セバストポリの主な倒産

「Navy Times」◆(2011/06/13)Russia objects to U.S. warship in Black Sea

「Navypedia」◆Russia

「Russia Now」◆(2012/02/02)Keels of Two Russian warships Laid in St. Petersburg

Russian-Ships.info

「Topix」◆(2010/10/22)Russia to send 10 tankers, freighters via Northern seaways in 2011

「ロシア・ソ連海軍」◆海軍記念日前日のネヴァ川(7月26日)その1

「ロシア・ソ連海軍」◆海軍記念日前日のネヴァ川(7月26日)その2
>561:基地掃海艦BT-115
>316:投錨地掃海艦RT-57

「ロシア・ソ連海軍」◆バルチースク近影・その2(2008年1月26日)

「六課」◆「IMDS-2009」に出展されるロシア海軍艦艇

「六課」◆実地戦略演習「ザーパド-2009」と「ラドゥーガ-2009」(2009年9月)

「六課」◆12月1日のセヴァストーポリ

「六課」◆ロシア海軍は,遠距離駐屯地への越冬用物資の輸送を完了した

新「六課」◆(2012/03/16)ロシア海軍新型フリゲート及びコルベットの乗員はサンクト・ペテルブルク市へ到着した

新「六課」◆(2012/08/05) ロシア海軍現有艦艇

「六課」ACS◆(2013/01/11) ロシア連邦は海軍の整備に約4兆ルーブルを支出する

「六課」ACS◆(2013/01/11) ロシア連邦は海軍の整備に約4兆ルーブルを支出する

「ワレYouTube発見セリ」◆Russian navy manuevers, December 2007

『RUSSIAN WARSHIPS in THE AGE of SAIL 1696-1860』

 洋書界隈でも,イギリス以外の帆装軍艦ものはなかなかありませんが,シーホースがやってくれました.
 実は以前から『RUSSIAN FLEET 1861-1907 HAND BOOK』を別に持ってたんで,一気に17世紀末まで遡れるようになってうれしい限り.

 ・・・そいや西山洋書の店長も,
「最近艦船系はシーホースくらいしか頑張ってるとこなくてねぇ」
とボヤくことが多くなりまして(苦笑

――――――ゆうか ◆u8WC078ef5ch in 軍事板,2010/07/19(月)

 【質問】
 ソ連/ロシア艦艇を,プライェクタ(プロジェクト)1から順番に教えてください.

 【回答】
プロジェクト1:戦列駆逐艦「レニングラード」級
プロジェクト2:警備艦「ウーラガン」級
プロジェクト3:掃海艇「フーガス」級
プロジェクト4:警備艦「ウーラガン」級
プロジェクト7:戦列駆逐艦「グネフヌイ」級
プロジェクト7U:戦列駆逐艦「ストロジェヴォイ」級
プロジェクト7UE:戦列駆逐艦「オピトヌイ」

プロジェクト19: NKVD大型警備艦(計画のみ)

プロジェクト20:戦列駆逐艦「タシュケント」(イタリア製)
プロジェクト21:英「ネルソン」級を参考とした35,500t戦艦研究案
プロジェクト22:巡洋艦(計画のみ)
プロジェクト23戦艦:「ソヴィエツキー・ソユーズ」級戦艦(未成)
プロジェクト24戦艦(検討案のみ)
プロジェクト25:30,900t戦艦研究案
プロジェクト26巡洋艦:「キーロフ」級重巡洋艦
プロジェクト26bis巡洋艦:「マキシム・ゴーリキー」級重巡洋艦
プロジェクト27戦艦
プロジェクト29:警備艦「ヤストレブ」級
プロジェクト30:戦列駆逐艦「オグネヴォイ」級
プロジェクト30bis:戦列駆逐艦「スコーリィ」級

プロジェクト38:戦列駆逐艦「ミンスク」級
プロジェクト39:警備艦「ウーラガン」級
プロジェクト40:駆逐艦(計画のみ)
プロジェクト41:戦列駆逐艦「タリン」型
プロジェクト42: NKVD警備艦
プロジェクト43:警備艦(警備艇)「ブリリアント」級
Project 47: 4500-ton destroyer design
Project 48: Tashkent class destroyer leader
Project 50: Riga class large patrol ship

Project 52: Purga-class large guard ship(2改)
プロジェクト53:掃海艇「フーガス」級(T-1型,i.e. 3改良型)
プロジェクト53U:掃海艇「フーガス」級(3改良型)
プロジェクト56:戦列駆逐艦「コトリン」型
プロジェクト56K:戦列駆逐艦「SAMコトリン」型
プロジェクト56M:戦列駆逐艦「キルディン」型
プロジェクト56PLO:戦列駆逐艦「コトリン改」型
プロジェクト57:戦列駆逐艦「クルップニィ」
プロジェクト57A:戦列駆逐艦「カニン」型
プロジェクト58ロケット巡洋艦:「キンダ」型ミサイル巡洋艦
プロジェクト59:掃海艇「フーガス」級(T-250型,i.e. 3改良型)
Project 60: coastal minesweeper design

プロジェクト61:大型対潜艦「カシン」型駆逐艦
プロジェクト61M:大型対潜艦「カシン改」型駆逐艦
プロジェク68巡洋艦:「チャパエフ」級軽巡洋艦
プロジェク68bis巡洋艦:「スヴェルドロフ」級軽巡洋艦
プロジェクト69重巡洋艦:「クロンシュタット」級巡洋戦艦(未成)
プロジェクト69AV軽空母(69未成船体の,空母改造案)
Project 70E: Modified Sverdlov class light cruiser

プロジェクト71A軽空母
プロジェクト71B軽空母(71改)
プロジェクト72A軽空母
プロジェクト82重巡洋艦:「スターリングラード」級巡洋戦艦(未成)
Project 83: ex-German heavy cruiser Lutzow
プロジェクト84対空防衛砲巡洋艦(計画のみ)
プロジェクト85軽防空空母(計画のみ)
プロジェクト92給油艦「オレクマ」級
Project 97: Dobrynya Nikitich class icebreaker
プロジェクト97P国境警備艦:「イワン・スサーニン」級警備艦

Project 106: Vydra class landing craft
Project 122: Kronstadt class Patrol boat

プロジェクト130磁力消去艦:「ベレザ」型消磁艦
プロジェクト133.1M小型対潜艦:「パルヒムII」型コルベット
Project 133.2: Parchim II class small anti-submarine ship
Project 145: Sura class mooring tender
Project 159: Petya class frigate
プロジェクト160給油艦「アルタイ」型
Project 183: P-6 class torpedo boat
プロジェクト183R:ロケット艇(=ミサイル艇)「コマール」型
Project 183T: P-8 class torpedo boat
Project 183TK: P-10 class torpedo boat

Project 204: Poti class corvette
プロジェクト205:ロケット艇「オーサ」型
プロジェクト205M砲艦:「ステンカ」型哨戒艇
Project 205P: Stenka class border patrol boat
プロジェクト206MR:ロケット艇「マトカ」型

Project 254: T43 class seagoing minesweeper
Project 257: Vanya class coastal minesweeper
Project 266: Rubin Yurka class seagoing minesweeper
プロジェクト266DM外海掃海艦:「ナーチャII」型掃海艇
プロジェクト266M外海掃海艦:「ナーチャI」型掃海艇
プロジェクト02668掃海艦「アガート」型
Project 300: Oskol I class floating workshop
Project 301T: Oskol II class floating workshop

プロジェクト320:「オビ」型病院船
プロジェクト394B偵察艦:「プリモリエ」型情報収集艦

プロジェクト503M/R偵察艦:「アルピニスト」型情報収集艦
プロジェクト05360救助艦
プロジェクト537救助艦:「エリブルス」級潜水艦救難艦
プロジェクト577給油艦「ウダ」型
プロジェクト611大型潜水艦:「ズールー」型SS
プロジェクト613中型潜水艦:「ウイスキー」型SS
プロジェクト615小型潜水艦:「ケベック」型SS
プロジェクト627原子力潜水巡洋艦:「ノヴェンバー」型SSN
プロジェクト629戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ゴルフI」型SSB
プロジェクト629A戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ゴルフII」型SSB
プロジェクト633中型潜水艦:「ロメオ」型SS
プロジェクト641大型潜水艦:「フォックストロット」型SS
プロジェクト641B「ソム」大型潜水艦:「タンゴ」型SS
プロジェクト645原子力潜水巡洋艦:「ノヴェンバー」型SSN
プロジェクト651潜水巡洋艦:「ジュリエット」型SSG
プロジェクト658原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ホテル」型SSBN
プロジェクト659原子力潜水巡洋艦:「エコーI」型SSGN
プロジェクト661「アンチャル」原子力潜水巡洋艦:「パパ」型SSGN
プロジェクト667A「ナワガ」「ナリム」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ヤンキーI」型SSBN
プロジェクト667AT原子力潜水巡洋艦:「ヤンキーノッチ」型SSGN
プロジェクト667AU「ナワガM」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ヤンキーII」型SSBN
プロジェクト667B「ムレナ」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタI」型SSBN
プロジェクト667BD「ムレナM」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタII」型SSBN
プロジェクト667BDR「カリマール」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタIII」型SSBN
プロジェクト667BDRM「デリフィン」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタIV」型SSBN
プロジェクト667M「アンドロメダ」原子力潜水巡洋艦:「ヤンキー・サイドカー」型SSGN
プロジェクト670「スカート」原子力潜水巡洋艦:「チャーリーI」型SSGN
プロジェクト670M「チャイカ」原子力潜水巡洋艦:「チャーリーII」型SSGN
プロジェクト671「エルシュ」大型原子力潜水艦:「ヴィクター」I型SSN
プロジェクト671RT「ショームガ」大型原子力潜水艦:「ヴィクター」II型SSN
プロジェクト671RTM「シチューカ」大型原子力潜水艦:「ヴィクター」III型SSN
プロジェクト675原子力潜水巡洋艦:「エコーII」型SSGN
プロジェクト678原子力特殊潜水艦:「エックスレイ」型特務原潜
プロジェクト685「プラフニク」原子力潜水巡洋艦:「マイク型SSN
プロジェクト690「ケファル」中型特殊潜水艦:「ブラヴォー」型訓練用潜水艦

プロジェクト705K「リラ」原子力潜水巡洋艦:「アルファ」型SSN
プロジェクト714外海曳航艦:「ゴーリン」型曳船
プロジェクト717原子力潜水強襲揚陸艦(計画のみ)
プロジェクト745外海曳航艦:「ソルム」型曳船
プロジェクト771中型揚陸艦:「ポルノクニィ」型戦車揚陸艦
プロジェクト775大型揚陸艦:「ロプーチャ」型戦車揚陸艦

プロジェクト861M偵察艦:「モマ」型情報収集艦
プロジェクト862偵察艦:「ユグ」型情報収集艦
プロジェクト864偵察艦:「ヴィニシャ」型情報収集艦
プロジェクト865「ピラーニャ」小型特殊潜水艦:「ロソス」型特務潜水艦
プロジェクト877「パルトゥス」大型潜水艦:「キロ」型SS

プロジェクト902Rエクラナプラーン:「ルン」型WIG
プロジェクト904エクラナプラーン:「オルリョーノク」WIG
プロジェクト923艦隊掃海ヘリコプター母艦「グラナト」
プロジェクト940「レノク」大型特殊潜水艦:「インディア」型救難潜水艦
プロジェクト941「アクラ」重原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「タイフーン」型SSBN
プロジェクト945「コンドル」大型原子力潜水艦:「シエラI型SSN
プロジェクト945A「バラクーダ」大型原子力潜水艦:「シエラII型SSN
プロジェクト949「グラニート」原子力潜水巡洋艦:「オスカーI」型SSGN
プロジェクト949A「アンテイ」原子力潜水巡洋艦:「オスカーII」型SSGN
プロジェクト956:「サリィチ」戦列駆逐艦=「ソブレメンヌイ」級
プロジェクト971「シチューカB」原子力潜水巡洋艦:「アクラI型SSN
プロジェクト09710「シチューカB」原子力潜水巡洋艦:「アクラII」型SSN
プロジェクト09774原子力特殊潜水巡洋艦:「ヤンキー・ポッド」型特務原潜
プロジェクト09780原子力特殊潜水巡洋艦:「ヤンキー・ストレッチ」型特務原潜

プロジェクト10200ヘリコプター搭載対潜艦
プロジェクト10410砲艦:「スヴェトリャク」型哨戒艇
プロジェクト10412砲艦:「スヴェトリャク」型哨戒艇(後期型)

プロジェクト10520原子力砕氷船「アルクチカ」級(民間所属)
プロジェクト1080ミサイル巡洋艦(計画のみ)
プロジェクト1083原子力特殊潜水艦:「パルタス」型特務原潜
プロジェクト11000駆逐艦

プロジェクト1123「コンドル」対潜巡洋艦:「モスクワ」級ヘリコプター空母
プロジェクト1124「アルバトロス」小型対潜艦:「グリシャ」型コルベット
プロジェクト1134「ベールクト」ロケット巡洋艦:「クレスタI」型ミサイル巡洋艦
プロジェクト1134A「ベールクトA」大型対潜艦:「クレスタII」型ミサイル巡洋艦
プロジェクト1134B「ベールクトB」大型対潜艦:「カーラ」型ミサイル巡洋艦
プロジェクト1135.1「ネレイ」国境警備艦:「クリヴァクIII」型フリゲート
プロジェクト11357:フリゲート
プロジェクト1143「クレチェート」重航空巡洋艦:「キエフ」級VSTOL空母
プロジェクト1143.4「クレチェート」重航空巡洋艦:「改キエフ」級VSTOL空母
プロジェクト11435「ピャチョールカ」重航空巡洋艦:空母「アドミラル・クズネツォフ」
プロジェクト11437「オリョール」重原子力航空巡洋艦:「ウリヤノフスク」級原子力空母(未成)
プロジェクト1144「オルラン」重原子力ロケット巡洋艦:「キーロフ」級原子力ミサイル巡洋艦(前期建造艦)
プロジェクト1144.2「オルラン」重原子力ロケット巡洋艦:「キーロフ」級原子力ミサイル巡洋艦(後期建造艦)

プロジェクト1153原子力航空重巡洋艦(1143発展型.計画のみ)
プロジェクト11540フリゲート「ネウストラシムイ」級
プロジェクト1154.1フリゲート「コルサール」(注文無し)
プロジェクト1155:「フレガート」大型対潜艦=「ウダロイ」級
プロジェクト1155.1:「フレガート」大型対潜艦=「ウダロイII」型
プロジェクト1156多用途艦
プロジェクト11560多用途艦(1156改)
プロジェクト11570:ミサイル給兵艦「アレクサンドル・ブリキン」
プロジェクト1159小型対潜艦:「コニ」型コルベット
プロジェクト1160原子力空母(計画のみ)
プロジェクト11661 「ゲパルト」型警備艦(1124の拡大発展型)
プロジェクト1164「アトラント」ロケット巡洋艦:「スラヴァ」級ミサイル巡洋艦
プロジェクト1171「タピール」大型揚陸艦:「アリゲーター」型戦車揚陸艦
プロジェクト1174「イェヂノローグ」大型揚陸艦:「イワン・ロゴフ」級強襲揚陸艦
プロジェクト1176小型揚陸艦:「オンダトラ」型揚陸艇
プロジェクト11780多目的揚陸艦(計画のみ)

プロジェクト1206小型揚陸艦:「レベッド」型エアクッション揚陸艇
プロジェクト1241「モルニヤ」ロケット艇=「タランタル」型
プロジェクト12300ミサイル艇「スコーピオン」
プロジェクト1232.1小型揚陸艦:「アイスト」型エアクッション揚陸艇
プロジェクト1232.2「ズーブル」小型揚陸艦:「ポモルニク」型エアクッション揚陸艇
プロジェクト1234「オヴォート」小型ロケット艦=「ナヌチュカ」型
プロジェクト1239「シヴーチ」エアクッションロケット艦=「ダーガチ」型SESミサイル艇
プロジェクト12440(12441の原型)
プロジェクト12441:「グロム」型警備艦
プロジェクト1244U:練習艦「ボロディノ」
(12441を計画変更)
プロジェクト1265基地掃海艦:「ソーニャ」型掃海艇
プロジェクト1266.0外海掃海艦:「ゴーリャ」型掃海艦

プロジェクト1559V軍用給油艦:「ボリス・チリキン」級補給艦
プロジェクト1593軍用給油艦:「ボリス・チリキン改」型?
プロジェクト1609コンテナ船「カプタン・スミルノフ」(民間船)
プロジェクト1710「マッケレル」中型特殊潜水艦:「ベルーガ」型実験潜水艦
プロジェクト1791:「アムガ」型ミサイル給兵艦
プロジェクト1826偵察艦:「バルザム」型情報収集艦
プロジェクト1840大型特殊潜水艦:「リマ」型調査潜水艦
プロジェクト1833軍用給油艦:補給艦「ベレジナ」
プロジェクト1855小型潜水艇
プロジェクト1886浮上基地:「ウグラ」型潜水艦母艦
プロジェクト1910「カシャロート」原子力特殊潜水艦:「ユニフォーム」型特務原潜
プロジェクト1914:「マルシャル・ネジェーリン」級ミサイル追跡艦
プロジェクト1941「チターン」原子力偵察艦:「カプスタ」型原子力情報収集艦(SSV-33)

プロジェクト2020浮揚工場:「マリナ」型工作艦
プロジェクト20380型近海警備艦:「ステレグーシチィ」型コルヴェット
プロジェクト20381型近海警備艦:「ステレグーシチィ」型,「リドゥート」搭載型
プロジェクト20385型近海警備艦:「ステレグーシチィ」型,「リドゥート」等増強型
プロジェクト21270補助連絡艇
プロジェクト21630「ブヤン」型小型砲艦:「アストラハン」級哨戒艇
プロジェクト21956多用途艦(ウダロイII型のステルス付与改良型?)
プロジェクト22350多用途フリゲート

 【参考ページ】
Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜2006/12/18(月)午後8:27
Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜2006/12/19(火)午後8:13
Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜2006/12/24(日)午前11:43
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_ships_of_Russia_by_project_number
その他色々


 【質問】
 ロシア艦船のロシア側名称と西側コード名(通称)との対応を教えてください.

 【回答】
 まず,ロシア(旧ソ連)の潜水艦の西側コード名とロシア側名称の関係について書いてみたいと思います.

 潜水艦に対するコード名は,当初,A〜Zまでのコールサイン(「アルファ」とか「ブラヴォー」とか「チャーリー」など)を使っておりましたが,26種類を全て使い切った後は,適当なロシアの単語を使っております.
 ソ連邦解体後に存在が確認された潜水艦については,コード名は無いようです.

 ロシア側の名称ですが,まず「プロジェクトXX」(正確には「プロイェクト」)というのは,海軍の艦艇計画番号であり,その後の固有名は,その計画に対するニックネームになります.

【戦略ミサイル潜水艦】
プロジェクト941「アクラ」重原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「タイフーン」型SSBN
プロジェクト667BDRM「デリフィン」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタIV」型SSBN
プロジェクト667BDR「カリマール」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタIII」型SSBN
プロジェクト667BD「ムレナM」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタII」型SSBN
プロジェクト667B「ムレナ」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「デルタI」型SSBN
プロジェクト667AU「ナワガM」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ヤンキーII」型SSBN
プロジェクト667A「ナワガ」「ナリム」原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ヤンキーI」型SSBN
プロジェクト658原子力戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ホテル」型SSBN
プロジェクト629A戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ゴルフII」型SSB
プロジェクト629戦略任務ロケット潜水巡洋艦:「ゴルフI」型SSB

【巡航ミサイル潜水艦】
プロジェクト949A「アンテイ」原子力潜水巡洋艦:「オスカーII」型SSGN
プロジェクト949「グラニート」原子力潜水巡洋艦:「オスカーI」型SSGN
プロジェクト670M「チャイカ」原子力潜水巡洋艦:「チャーリーII」型SSGN
プロジェクト670「スカート」原子力潜水巡洋艦:「チャーリーI」型SSGN
プロジェクト661「アンチャル」原子力潜水巡洋艦:「パパ」型SSGN
プロジェクト675原子力潜水巡洋艦:「エコーII」型SSGN
プロジェクト659原子力潜水巡洋艦:「エコーI」型SSGN
プロジェクト667AT原子力潜水巡洋艦:「ヤンキーノッチ」型SSGN
プロジェクト667M「アンドロメダ」原子力潜水巡洋艦:「ヤンキー・サイドカー」型SSGN
プロジェクト651潜水巡洋艦:「ジュリエット」型SSG

【攻撃原子力潜水艦】
プロジェクト09710「シチューカB」原子力潜水巡洋艦:「アクラII」型SSN
プロジェクト971「シチューカB」原子力潜水巡洋艦:「アクラI型SSN
プロジェクト945A「バラクーダ」大型原子力潜水艦:「シエラII型SSN
プロジェクト945「コンドル」大型原子力潜水艦:「シエラI型SSN
プロジェクト685「プラフニク」原子力潜水巡洋艦:「マイク型SSN
プロジェクト705K「リラ」原子力潜水巡洋艦:「アルファ」型SSN
プロジェクト671RTM「シチューカ」大型原子力潜水艦:「ヴィクター」III型SSN
プロジェクト671RT「ショームガ」大型原子力潜水艦:「ヴィクター」II型SSN
プロジェクト671「エルシュ」大型原子力潜水艦:「ヴィクター」I型SSN
プロジェクト627原子力潜水巡洋艦:「ノヴェンバー」型SSN
プロジェクト645原子力潜水巡洋艦:「ノヴェンバー」型SSN

【ディーゼル潜水艦】
プロジェクト877「パルトゥス」大型潜水艦:「キロ」型SS
プロジェクト641B「ソム」大型潜水艦:「タンゴ」型SS
プロジェクト641大型潜水艦:「フォックストロット」型SS
プロジェクト633中型潜水艦:「ロメオ」型SS
プロジェクト611大型潜水艦:「ズールー」型SS
プロジェクト613中型潜水艦:「ウイスキー」型SS
プロジェクト615小型潜水艦:「ケベック」型SS

【特務潜水艦】
プロジェクト09774原子力特殊潜水巡洋艦:「ヤンキー・ポッド」型特務原潜
プロジェクト09780原子力特殊潜水巡洋艦:「ヤンキー・ストレッチ」型特務原潜
プロジェクト1910「カシャロート」原子力特殊潜水艦:「ユニフォーム」型特務原潜
プロジェクト678原子力特殊潜水艦:「エックスレイ」型特務原潜
プロジェクト1083原子力特殊潜水艦:「パルタス」型特務原潜
プロジェクト1710「マッケレル」中型特殊潜水艦:「ベルーガ」型実験潜水艦
プロジェクト1840大型特殊潜水艦:「リマ」型調査潜水艦
プロジェクト940「レノク」大型特殊潜水艦:「インディア」型救難潜水艦
プロジェクト690「ケファル」中型特殊潜水艦:「ブラヴォー」型訓練用潜水艦
プロジェクト865「ピラーニャ」小型特殊潜水艦:「ロソス」型特務潜水艦

Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜
2006/12/18(月)午後8:27

 潜水艦編に続き,水上戦闘艦の西側コード名(通称)とロシア側名称について.

 なお,「××」型は西側コード名であり,「××」級は,そのタイプの1番艦の艦名から取った級名です.
 そのタイプの艦が最初に西側陣営に確認された時点で,1番艦の名前も判明していた場合は,1番艦の名前がそのまま「級名」になりましたが,そうでない場合は,適当なコード名が付けられました.

 コード名を付ける場合の法則は,潜水艦ほどハッキリはしていないが,大型艦艇の場合はKで始まる単語が付けられていました.

【航空母艦】
プロジェクト11437「オリョール」重原子力航空巡洋艦:「ウリヤノフスク」級原子力空母(未成)
プロジェクト11435「ピャチョールカ」重航空巡洋艦:空母「アドミラル・クズネツォフ」
プロジェクト1143.4「クレチェート」重航空巡洋艦:「改キエフ」級VSTOL空母
プロジェクト1143「クレチェート」重航空巡洋艦:「キエフ」級VSTOL空母
プロジェクト1123「コンドル」対潜巡洋艦:「モスクワ」級ヘリコプター空母

【戦艦】
プロジェクト23戦艦:「ソヴィエツキー・ソユーズ」級戦艦(未成)
プロジェクト82重巡洋艦:「スターリングラード」級巡洋戦艦(未成)
プロジェクト69重巡洋艦:「クロンシュタット」級巡洋戦艦(未成)

【巡洋艦】
プロジェクト1144.2「オルラン」重原子力ロケット巡洋艦:「キーロフ」級原子力ミサイル巡洋艦(後期建造艦)
プロジェクト1144「オルラン」重原子力ロケット巡洋艦:「キーロフ」級原子力ミサイル巡洋艦(前期建造艦)
プロジェクト1164「アトラント」ロケット巡洋艦:「スラヴァ」級ミサイル巡洋艦
プロジェクト1134B「ベールクトB」大型対潜艦:「カーラ」型ミサイル巡洋艦
プロジェクト1134A「ベールクトA」大型対潜艦:「クレスタII」型ミサイル巡洋艦
プロジェクト1134「ベールクト」ロケット巡洋艦:「クレスタI」型ミサイル巡洋艦
プロジェクト58ロケット巡洋艦:「キンダ」型ミサイル巡洋艦
プロジェク68bis巡洋艦:「スヴェルドロフ」級軽巡洋艦
プロジェク68巡洋艦:「チャパエフ」級軽巡洋艦
プロジェクト26bis巡洋艦:「マキシム・ゴーリキー」級重巡洋艦
プロジェクト26巡洋艦:「キーロフ」級重巡洋艦

【駆逐艦】
プロジェクト956「サリィチ」戦列駆逐艦:「ソブレメンヌイ」級ミサイル駆逐艦
プロジェクト1155.1「フレガート」大型対潜艦:「ウダロイII」型駆逐艦
プロジェクト1155「フレガート」大型対潜艦:「ウダロイ」級駆逐艦
プロジェクト61M大型対潜艦:「カシン改」型駆逐艦
プロジェクト61大型対潜艦:「カシン」型駆逐艦
プロジェクト57A戦列駆逐艦:「カニン」型ミサイル駆逐艦
プロジェクト57戦列駆逐艦:「クルップニィ」ミサイル駆逐艦
プロジェクト56M戦列駆逐艦:「キルディン」型ミサイル駆逐艦
プロジェクト56K戦列駆逐艦:「SAMコトリン」型ミサイル駆逐艦
プロジェクト56PLO戦列駆逐艦:「コトリン改」型駆逐艦
プロジェクト56戦列駆逐艦:「コトリン」型駆逐艦
プロジェクト41戦列駆逐艦:「タリン」型駆逐艦
プロジェクト30bis戦列駆逐艦:「スコーリィ」級駆逐艦
プロジェクト30戦列駆逐艦:「オグネヴォイ」級駆逐艦
プロジェクト38戦列駆逐艦:「ミンスク」級駆逐艦
プロジェクト20戦列駆逐艦:駆逐艦「タシュケント」(イタリア製)
プロジェクト7UE戦列駆逐艦:駆逐艦「オピトヌイ」
プロジェクト7U戦列駆逐艦:「ストロゼヴォイ」級駆逐艦
プロジェクト7戦列駆逐艦:「グネフヌイ」級駆逐艦
プロジェクト1戦列駆逐艦:「レニングラード」級駆逐艦

【フリゲート】
プロジェクト1154「ヤストレブ」対潜警備艦:「ネウストラシムイ」級フリゲート
プロジェクト1135M「ブレヴェストニク」警備艦:「クリヴァクII」型フリゲート
プロジェクト1135「ブレヴェストニク」警備艦:「クリヴァクI」型フリゲート

【コルベット】
プロジェクト1124「アルバトロス」小型対潜艦:「グリシャ」型コルベット
プロジェクト133.1M小型対潜艦:「パルヒムII」型コルベット
プロジェクト1159小型対潜艦:「コニ」型コルベット
プロジェクト1239「シヴーチ」エアクッションロケット艦:「ダーガチ」型SESミサイル艇
プロジェクト1234「オヴォート」小型ロケット艦:「ナヌチュカ」型ミサイル艇
プロジェクト1241「モルニヤ」ロケット艇:「タランタル」型ミサイル艇
プロジェクト206MRロケット艇:「マトカ」型ミサイル艇
プロジェクト205ロケット艇:「オーサ」型ミサイル艇
プロジェクト183Rロケット艇:「コマール」型ミサイル艇
プロジェクト43警備艦:「ブリリアント」級警備艇
プロジェクト29警備艦:「ヤストレブ」級護衛艦
プロジェクト2警備艦:「ウーラガン」級護衛艦

Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜
2006/12/19(火)午後8:13

 その3.揚陸艦艇や各種特務艦艇など.
 この他,海軍所属では有りませんが,国境警備隊用の艦艇も取り上げました.

【揚陸艦】
プロジェクト1174「イェヂノローグ」大型揚陸艦:「イワン・ロゴフ」級強襲揚陸艦
プロジェクト1171「タピール」大型揚陸艦:「アリゲーター」型戦車揚陸艦
プロジェクト775大型揚陸艦:「ロプーチャ」型戦車揚陸艦
プロジェクト771中型揚陸艦:「ポルノクニィ」型戦車揚陸艦
プロジェクト1176小型揚陸艦:「オンダトラ」型揚陸艇
プロジェクト1232.2「ズーブル」小型揚陸艦:「ポモルニク」型エアクッション揚陸艇
プロジェクト1232.1小型揚陸艦:「アイスト」型エアクッション揚陸艇
プロジェクト1206小型揚陸艦:「レベッド」型エアクッション揚陸艇

【補給艦】
プロジェクト1833軍用給油艦:補給艦「ベレジナ」
プロジェクト1559V軍用給油艦:「ボリス・チリキン」級補給艦

【掃海艦艇】
プロジェクト1266.0外海掃海艦:「ゴーリャ」型掃海艦
プロジェクト266DM外海掃海艦:「ナーチャII」型掃海艇
プロジェクト266M外海掃海艦:「ナーチャI」型掃海艇
プロジェクト1265基地掃海艦:「ソーニャ」型掃海艇

【情報収集艦】
プロジェクト1941「チターン」原子力偵察艦:「カプスタ」型原子力情報収集艦(SSV-33)
プロジェクト1826偵察艦:「バルザム」型情報収集艦
プロジェクト864偵察艦:「ヴィニシャ」型情報収集艦
プロジェクト394B偵察艦:「プリモリエ」型情報収集艦
プロジェクト861M偵察艦:「モマ」型情報収集艦
プロジェクト862偵察艦:「ユグ」型情報収集艦
プロジェクト503M/R偵察艦:「アルピニスト」型情報収集艦

【その他の艦艇】
プロジェクト1886浮上基地:「ウグラ」型潜水艦母艦
プロジェクト2020浮揚工場:「マリナ」型工作艦
プロジェクト714外海曳航艦:「ゴーリン」型曳船
プロジェクト745外海曳航艦:「ソルム」型曳船
プロジェクト537救助艦:「エリブルス」級潜水艦救難艦
プロジェクト130磁力消去艦:「ベレザ」型消磁艦
プロジェクト1914:「マルシャル・ネジェーリン」級ミサイル追跡艦
プロジェクト11570:ミサイル給兵艦「アレクサンドル・ブリキン」
プロジェクト1791:「アムガ」型ミサイル給兵艦
プロジェクト320:「オビ」型病院船

【国境警備隊用の艦艇】
プロジェクト97P国境警備艦:「イワン・スサーニン」級警備艦
プロジェクト1135.1「ネレイ」国境警備艦:「クリヴァクIII」型フリゲート
プロジェクト1041.0砲艦:「スヴェトリャク」型哨戒艇
プロジェクト205M砲艦:「ステンカ」型哨戒艇

faq39m613.jpg

Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜
2006/12/24(日)午前11:43


 【質問】
 ロシア艦の命名基準は?

 【回答】
 いちおう,ソ連邦時代から,
巡洋艦クラスは都市名または人名,
駆逐艦・警備艦クラスは形容詞,
という大まかな基準が有ったのですが(^^;
 特に駆逐艦(Эскадренный миноносец,エスカドレンヌイ・ミノノセッツ) は,帝政ロシア時代から,伝統的に形容詞を付けられて来ました.

 ただ,今は巡洋艦も駆逐艦も建造されていないので,この命名基準は有名無実化しております.

 まあ強いて言えば,
戦略原潜と外洋フリゲートは人名,
多用途原潜とディーゼル潜は都市名,
近海警備艦は形容詞
が付けられているようですが.

 あと,既に就役している艦艇でも,どこかの都市とか企業が後援してくれる見返りに,改名するというケースが増えていますね.

 更に付け加えると,人名を付けられた艦でも,その人物ゆかりの都市が後援している場合も有ります.

 それで,「同型艦でも人名あり,地名あり」というケースも出てくるわけです.

Небесный бытьネベスニィ・ビィチ〜ロシア・ソ連海軍〜
2008/3/30(日) 午後 9:20


 【質問】
 沈没したロシアの原子力潜水艦クルスクに描かれている紋章について,解説おながいします.

 【回答】
 そりゃ,ロシア海軍の印,ロマノフ家の双頭の鷲の紋章です.

流花星桜 ◆glwcae0dRI :軍事板,2003/10/30
青文字:加筆改修部分

 大型軍艦,潜水艦には付いているようです.
 小型艦は忘れた.

 この紋章はIvan雷帝が制定したもので,彼はビザンチン帝国最後の皇帝の姪を娶ったため,
「二つのローマ帝国は崩壊した.
 モスクワは第三のローマ帝国であり,余は第四のローマ帝国が現れるのを許さない」
として,神聖ローマ帝国が既に成立しているのも関わらず,平然とビザンチン帝国の双頭の鷲に,昔からのモスクワの紋章を重ねて,ロシアの表徴に制定したものです.

眠い人 ◆gQikaJHtf2 :軍事板,2003/10/31
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 ロシア海軍における「親衛」艦とは?

 【回答】
 旧ソ連軍及び現ロシア軍には,「親衛」称号を有する部隊(例えば,第××親衛戦車師団とか)が有りますが,海軍(艦隊)にも,「親衛」称号を有する艦が有ります.

 現在,ロシア海軍で「親衛」称号を有する艦は,この3隻です.

・親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」(1982年12月30日就役):121
Гвардейский Ракетный Крейсер(ГРКР)"Москва"
黒海艦隊所属,1995年6月22日,「スラヴァ」Славаから改名

・親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」(1989年12月25日就役):011
Гвардейский Ракетный Крейсер(ГРКР)"Варяг"
太平洋艦隊所属,1995年12月21日,「チェルヴォナ・ウクライナ」Червона Украинаから改名

・親衛駆逐艦「グレミャーシチイ」(1991年6月25日就役):406
Гвардейский Эскадренные Мининосцы(ГЭМ)"Гремящий"
北方艦隊所属,2007年12月9日,「ベズジェルージュヌイ」Безудержныйから改名

 親衛ロケット巡洋艦「モスクワ」は,1998年5月13日,除籍される親衛警備艦(プロジェクト61大型対潜艦)「クラースヌイ・カフカース」から親衛称号を受け継ぎました.
 大型対潜艦の前代の巡洋艦「クラースヌイ・カフカース」は,大祖国戦争中の1942年4月3日に親衛称号を授与されました.
 つまりモスクワは,1942年4月3日以来の親衛称号を受け継ぐ艦というわけです.

 親衛ロケット巡洋艦「ワリャーグ」は,1995年12月21日,先代(建造が中止された親衛重航空巡洋艦)から艦名と親衛称号を受け継ぎました.
 先々代の「ワリャーグ」(プロジェクト58ロケット巡洋艦)は,当初,大祖国戦争時に親衛称号を授与された駆逐艦「ソーブラジテルヌイ」の名前と親衛称号を引き継ぎましたが,就役前に改名され,親衛称号だけが残されました.
 以後,「ワリャーグ」は親衛艦名となり,現在に至っております.

 親衛駆逐艦「グレミャーシチイ」は,上記の通り,元々は「ベズジェルージュヌイ」という名前であり,昨年12月初頭までは,別に親衛駆逐艦「グレミャーシチイ」(404)が居たのですが,12月9日,404のグレミャーシチイが除籍された為,艦名と親衛称号を受け継ぎました.
 本艦は,第4代目の親衛駆逐艦「グレミャーシチイ」です.
 初代「グレミャーシチイ」は,大祖国戦争中の1943年3月1日に親衛称号を授与されました.

 というわけで,親衛称号(と艦名)は,代々受け継がれて,今に至っております.

 十数年後のロシア海軍には,親衛フリゲート「ワリャーグ」とか,親衛警備艦(コルベット)「グレミャーシチイ」とかが居るかもしれません.

Небесный бытьネベスニィ・ビィチ〜ロシア・ソ連海軍〜
2008/7/16(水) 午後 10:26


 【質問】
 「1等艦」とは?

 【回答】
 ロシア海軍には各種類の艦艇が在籍しておりますが,その中で「1等艦」あるいは「1等潜水艦」
Корабли 1-го ранга/Подводные Лодки 1-го ранга
と呼ばれるタイプが幾つか有ります.

 現在,ロシア海軍では,以下のタイプが「1等艦」に分類されています.

★プロジェクト11435重航空巡洋艦(アドミラル・クズネツォフ):1隻
Тяжелый Авианесущий Крейсер Проект 11435

★プロジェクト1144重原子力ロケット巡洋艦(キーロフ級):3隻
Тяжелый Атомный Ракетный Крейсер Проект 1144

★プロジェクト1164ロケット巡洋艦(スラヴァ級):3隻
Ракетный Крейсер Проекта 1164

★プロジェクト956駆逐艦(ソブレメンヌイ級):9隻
Эскадренный Миноносец Проект 956

★プロジェクト1155大型対潜艦(ウダロイ級):9隻
Большой Противолодочный Корабль Проект 1155

★プロジェクト667BDR原子力弾道ロケット潜水艦(デルタIII型):6隻
Атомная Подводная Лодка с Баллистическими Ракетами Проект 667БДР

★プロジェクト667BDRM原子力弾道ロケット潜水艦(デルタIV型):6隻
Атомная Подводная Лодка с Баллистическими Ракетами Проект 667БДРМ

★プロジェクト941原子力弾道ロケット潜水艦(タイフーン型):3隻
Атомная Подводная Лодка с Баллистическими Ракетами Проект 941

★プロジェクト949A原子力巡航ロケット潜水艦(オスカーII型):10隻
Атомная Подводная Лодка с Крылатыми Ракетами Проект 949А

★プロジェクト971原子力魚雷潜水艦(アクラ型):12隻
Атомная Торпедная Подводная Лодка Проект 971

 1等艦は,基本的に,1等海佐(Капитан 1-го ранга)が艦長に任命されます.

 今年中に1番艦が就役予定のプロジェクト955原子力弾道ロケット潜水艦(ボレイ型)と,来年に1番艦が就役予定のプロジェクト885原子力多用途潜水艦(ヤーセン型)も,就役後は「1等艦」として扱われるでしょう.

Небесный бытьネベスニィ・ビィチ〜ロシア・ソ連海軍〜
2008/7/15(火) 午後 9:06


 【質問】
 「大洋ゾーン艦」とは?

 【回答】
 ロシア海軍では,外洋で作戦可能な艦を「大洋ゾーン艦」或いは「遠海ゾーン艦」と呼んでいます.

 現在,ロシア海軍に在籍する「大洋ゾーン艦」は,これだけ有ります.

【太平洋艦隊】

[第36水上艦師団](フォーキノ)
親衛ロケット巡洋艦ワリャーグ<スラヴァ型>
駆逐艦ブイストルイ,ベズボヤズネンヌイ,ブールヌイ(修理中),ボエヴォイ(保管中)<ソブレメンヌイ型>
重原子力ロケット巡洋艦アドミラル・ラザレフ(保管中)<キーロフ型>

[第44対潜艦旅団](ウラジオストク)
大型対潜艦マルシャル・シャポシニコフ,アドミラル・トリブツ,アドミラル・ヴィノグラドフ,アドミラル・パンテレーエフ<ウダロイ型>


【北方艦隊】
[第43ロケット艦師団](セヴェロモルスク)
重航空巡洋艦アドミラル・フロータ・ソヴィエツカヴァ・ソユーザ・クズネツォフ
重原子力ロケット巡洋艦ピョートル・ヴェリキー,アドミラル・ナヒモフ(修理中)<キーロフ型>
ロケット巡洋艦マルシャル・ウスチノフ<スラヴァ型>
駆逐艦アドミラル・ウシャコフ,グレミャーシチー(親衛艦)<ソブレメンヌイ型>

[第2対潜艦師団](セヴェロモルスク)
大型対潜艦アドミラル・チャバネンコ<ウダロイII型>
大型対潜艦セヴェロモルスク,アドミラル・レフチェンコ,ヴィッツェ・アドミラル・クラコフ(修理中),アドミラル・ハルラモフ(予備役)<ウダロイ型>


【黒海艦隊】
[第11対潜艦旅団](セヴァストーポリ)
親衛ロケット巡洋艦モスクワ<スラヴァ型>
大型対潜艦ケルチ,オチャコフ(修理中)<カーラ級>
警備艦スメトリヴイ<カシン級>
警備艦ラドヌイ<クリヴァクI級>
警備艦プイトリヴイ<クリヴァクII級>


【バルト艦隊】
[第128水上艦旅団](バルチースク)
駆逐艦ナストーイチヴイ,ベスパコーイニィ<ソブレメンヌイ型>
警備艦ネウストラシムイ,ヤロスラフ・ムードルイ<ネウストラシムイ型>
警備艦プイルキィ<クリヴァクI級>


 「修理中」の艦ですが,ヴィッツェ・アドミラル・クラコフは,昨年12月に修理後の航海試験を実施する予定でしたが,火災を起こしました.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40493525.html

 ただ,この数ヶ月以内には復帰する予定です.
http://en.rian.ru/analysis/20091211/157207354.html

 アドミラル・ナヒモフは,2012年に復帰する予定になっております.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40363172.html
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40393606.html

 ブールヌイは,2006年からウラジオストクでオーバーホールを行なっています.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/38260045.html

 オチャコフは,修理と近代化を行なう予定でしたが,実際には,工事途中で係留されたままです.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/36772996.html

 「保管中」の艦ですが,ロシア国防省は,稼働していない重原子力ロケット巡洋艦の復帰プログラムを立案すると発表しました.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40010779.html

 つまりは,「保管中」のアドミラル・ラザレフも復帰させるという事です.

 この他,未完成(95パーセント完成)のままウクライナ国内に係留されているスラヴァ型4番艦を購入する構想も有ります.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/40566969.html

 昨年(2009年),ロシア海軍には,10年ぶりに「大洋ゾーン戦闘艦」が就役しました.
 ネウストラシムイ型2番艦ヤロスラフ・ムードルイです.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/39199584.html

 しかし,ヤロスラフ・ムードルイが就役した月(6月)に,バルト艦隊のネウクローチムイ(クリヴァクII級)が除籍されました.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/39362968.html

 この数年間で,「大洋ゾーン艦」は,僅かに減少しています.
(2007年に2隻,2009年に1隻除籍され,2009年に1隻就役.つまり2隻減少)

 現在,ロシア海軍向けに建造されている「大洋ゾーン艦」は,プロジェクト22350フリゲートだけです.
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/folder/974167.html

 そして,このままでは,やがて危機的状況が訪れる,と考える人は,ロシアにも居ます.

ロシア連邦海軍の戦闘編制から大洋艦が撤収される危険性は予測される
モスクワ,11月27日(ロシア通信社ノーボスチ)

によれば,連邦議会国家海洋政策委員会委員長ヴャチェスラフ・ポポフ提督(1999年1月29日〜2001年12月15日まで北方艦隊司令官)は,
「2015年までに,現在保持している大洋・遠海ゾーン艦が戦闘編制から撤収される危険性が予測され,その結果,ロシア海軍の戦闘能力は,著しく減少するだろう」
「海軍は,最終的には大洋艦隊としての特徴を失い,現代戦および大洋・海洋からの攻撃に効果的に対処できず,世界の大洋におけるロシアの重要な権益を保護できない沿岸艦隊に転換するだろう」
「資金割り当ては,新たな遠海艦シリーズの建造と,戦闘編制に在る大洋ゾーン艦の効率的な維持には不充分である」
「この10年間で,海軍には2,000トンのコルベット1隻しか就航していない.海軍の戦闘編制には,大洋ゾーン艦は1隻も導入されていない」
「2015年までの国家兵器プログラム(GPV-2015)は,不幸なことに兵器だけのプログラムであり,艦艇建造プログラムではない」
などと発言しています.

 ただ,あと5年で上記リストの「大洋ゾーン艦」がロシア海軍の戦闘編制から無くなると言うのは,あまりにも大袈裟すぎます.

 プロジェクト22350以外にも,ロシア海軍には,原子力空母と駆逐艦の建造計画が有ります.

新世代原子力空母
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/folder/1033270.html

新世代駆逐艦
http://blogs.yahoo.co.jp/rybachii/folder/1042109.html

 新空母は6万トン程度になりますが,新駆逐艦の大きさは,今のところ明らかにされていません.
 ただ,ソ連時代から駆逐艦クラスの艦を建造していたサンクトペテルブルク北方造船所の造船台の寸法が全長168m,幅20mですから,これを越えるサイズにはならないでしょう.
http://www.nordsy.spb.ru/sv2/index_eng.php?lev1=1&lev2=25

「ロシア・ソ連海軍報道・情報管理部機動六課」
2010/1/9(土) 午後 10:50


 【質問】
 ロシア海軍における「筆頭艦」と「1番艦」の違いは?

 【回答】
 ステレグーシチー型を例にとると,ロシア式表現では,(西側呼称における1番艦である)ステレグーシチーが「筆頭艦」,(2番艦)ソーブラジテルヌイが「最初(1番目)のシリーズ(同型)艦」,ボイキーが「2番目のシリーズ(同型)艦」,そしてストイーキーは「3番目のシリーズ(同型)艦」となります.

 アドミラル・ゴルシコフ型フリゲートも同様であり,当ブログでは「1番艦アドミラル・ゴルシコフ」と記していますが,原文を直訳すれば「筆頭艦」或いは「トップ艦」になります.
 この場合はアドミラル・カサトノフが,「最初(1番目)のシリーズ(同型)艦」になります.

 多用途原潜セヴェロドヴィンスク,戦略原潜ユーリー・ドルゴルーキー,潜水艦サンクトペテルブルクも同様です.

新「六課」コメント欄,2012.4.4
青文字:加筆改修部分


 【質問】
 在来艦船の修理・整備は,ロシア海軍はもう諦めたのか?

 【回答】
 細々とはやっている.
 アドミラル・クズネツォフは,1990年代後半には放置状態だったが,プーチン政権になってから本格的な修理が行われ,2004年に現役復帰した.
 あと,キーロフ級原子力巡洋艦3番艦アドミラル・ナヒーモフは,現在,一部兵装の換装も含む近代化改装工事の真っ最中.この改装では,対艦ミサイルも換装するらしい.

 ちなみに,同級1番艦アドミラル・ウシャーコフは,ロシア海軍当局は除籍しようとしたんだけど,どういう訳か議会から「待った」が掛かり,
「除籍はイカン.修理して現役復帰させるべし」などと決議されてしまった.
 いちおうロシアも「議会制民主主義国家」というコトになっているので,軍隊が議会の意向に逆らう事は,許されないよね(笑)
 それでセーヴェロドヴィンスク造船所に回航されたが,修理に着手したという話は,まだ聞かないねえ・・・(というか,おそらくは着手されないと思われ)

 スラーヴァ級巡洋艦1番艦モスクワは,ソ連崩壊後,オーバーホールに入ったが,財政難などで工事は一向に捗らず,
 これを見かねたモスクワ市が,工事費用の一部を寄付し,それも有って,2000年頃にようやく現役復帰出来た.
 攻撃原潜B-292「ペルム」の件は,別項に出ている通りだね.
 この他,太平洋艦隊所属のアクラ型が,ブラーツク(旧名キート),マガダン(旧ナルワール),クズバス(旧モルシュ),サマーラ(旧ドラコン)と改名されている.
 ロシア政界には,軍艦オタクが多いのだろうか・・・・(笑)

 戦略原潜941(タイフーン)は,順次退役するが,667BDRM(デルタIV)は,順次オーバーホールが行われ,これによって各艦の艦齢は35年程度に延長される.
 667BDRMの1番艦の就役が1985年なので,2020年代まで現役に留まるコトになるね.
 新型弾道ミサイル「ブラーワ」が実用化されれば,ミサイルをコレに換装するんじゃないかな.

(夏光華(シア・クァンファ) i n FAQ BBS)

 【関連リンク】
「六課」:ロシア国防省は,修理する艦艇を半分に減らす


 【質問】
 除籍艦艇はどうなったのか?

 【回答】
 ウラジオストクの南方に位置するルースキー島(Ostrov Russkiy)に,ソ連邦解体後に除籍された艦艇が運ばれ,そのまま放置されているようです.
 同島の湾内を見ると,廃棄された旧ソ連・ロシア海軍艦艇が多数有ります.

 ルースキー島は今年の1月,2012年のAPECサミット開催地に選ばれました.
 また,今年4月には,イワノフ首相第一代理がルースキー島を訪れ,同島をリゾート地として開発する計画を明らかにしました.
 ・・・・これらの艦艇は片付けるのでしょうか・・・・?

ルースキー島全景

艦艇の廃棄場所

一番上が1135(クリヴァク)型フリゲート,そのすぐ下に58(キンダ)型ミサイル巡洋艦

横転した61(カシン)型ミサイル駆逐艦

横転した61型ミサイル駆逐艦

1135型フリゲート

1135型フリゲート

Морские Силы〜ロシア・ソ連海軍〜
2007/4/8(日) 午前 9:14


 【質問】
 ソ連崩壊後,ロシア艦艇は共産党関係の「偉い人」の名前から,そうでないものに改名された例が多くありますが,これは現場では歓迎されたのですか?

 【回答】
 現場では,この改名は「大きなお世話」としか受け取られなかったようです.
 「アドミラル・ウシャーコフ」と改名された「キーロフ」では,当時,
「ウシャーコフの名は新造艦に付ければいいじゃないか」
とか,
「艦名を変えたら,舷側の艦名プレートも変えなければならなくなる.この御時世に,そんな無駄な事をしていいのか?」
などと言った疑問が出されたようですが,無視されました.

シア・クァンファ in mixi


 【質問】
 ソ連艦で故障や事故が絶えなかったのは何故か?

 【回答】
 徴兵制に起因する構造的欠陥だった模様.
 以下引用.

 新造艦には引き渡し後,暫く,造船所の品質保証班が乗り組んでおり,機器類は彼らの管理下にあるため,故障や事故がない.
 乗員はその間に品質保証班の指導を受け,機器の取り扱いに習熟するが,ソ連海軍は徴兵制だから,やっと一人前になったと思ったら,3年も経つと新兵が乗り組んでくる.
 このため,常に未熟な乗員が艦内をうろつくことになり,故障や事故が絶えないという構図ができあがる.

A. V. Poltov from 「世界の艦船」2005年4月号,p.156


目次へ

「欧露別館」トップ・ページへ   別館サイト・マップへ

「軍事板常見問題&良レス回収機構」准トップ・ページへ   本館サイト・マップへ